カリビアンコムで美女に連続膣内射精無修正動画

カリビアンコムさんは◯◯くんに内緒でアタシを連れ出すようになりました。昼間、◯◯くんが仕事に行っているときにメールで翌日の連絡をくれます。アタシは、◯◯くんにはメールがあったことを言わず、そのメールに従って次の日の昼間とか夕方、◯◯くんが残業の夜、出張で帰ってこない日に出かけました。カリビアンコムさんは◯◯くんが留守を知っているような連絡の仕方でした。普通に食事とホテルで二人でセックスの時もあったし、カリビアンコムさんが行きつけのハプバーで他人のセックスを見学したりすることもありました。時々は、カリビアンコムさんの知り合いやサークルの常連何人かとホテルで輪姦をしました。カワサキさんがいるときは、カリビアンコムさんとカワサキさんに交互にアナルを提供しました。カリビアンコムさんは外で会う人たちにアタシのことを「俺の新しい女(笑)」と紹介していました。「ヤリたければ言えよ。貸してやるぜ、俺の女だから」とアタシを誰にでも抱かせようとしていました。そして、アタシはカリビアンコムさんの知り合いに貸し出されることもありました。ハードなことはなかったですが、アタシはカリビアンコムさんの言いなりに他の人に体を開きました。カリビアンコムさんのことを好きとかそういうことはなかったと思うのですが、カリビアンコムさんの顔を潰したくないとは思いましたし、何よりも、以前カリビアンコムさんに調教貸し出しされていたときのことを強く思い出して、アタシはその貸し出しプレイに興奮していました。

カリビアンコムの入会、加入、契約、申し込みでVプリカは使用できる?

ある日、カリビアンコムさんが連れて行ってくれたクラブには、サトーさんがいました。サトーさんは、以前アタシをソープで働かせる原因を作った人でした。サトーさんはドSで、アタシをレイプ気味にマワしたり、飲尿やSMチックな責めをする人です。そのVIPルームでは、サトーさんと男の人3人が飲んでいました。しばらくみんなで飲んだあと、サトーさんは「しゃぶれよ」とみんなの前でアタシにフェラさせました。カリビアンコムさんはアタシがフェラすることを何も思っていない様子でした。「この女、俺とカリビアンコムの言うことならなんでも従うからよ(笑)」アタシは着衣のまま四つん這いになり、サトーさんの股の間に顔を埋めてしゃぶりました。他の人たちはニヤニヤしながらアタシがフェラしている様子を眺めていました。皆の前でフェラすることも慣れたし、アタシはただ言われるままにこういう行為をすることを嫌いではなくなっていました。「誰か入れろよ。これでいいぜ」とカリビアンコムさんは指を2本立てました。そして、アタシのスカートを脱がし、パンツを下ろして、お尻をむき出しにしました。「サトー、お前、俺をトバシテ徴収すんの?(笑)分け前はあるんだろーな?」カリビアンコムさんもアタシのフェラを眺めていました。「いいだろ?こいつらだって生でヤリてーって言ってるしよ。今日はそのために入会を連れてきたんだよな・・いいから入会はそのまま咥えてろよ。下の穴にお前の好物のザーメン、注いでやるから(笑)分け前は・・まぁ、後で相談だな」サトーさんはアタシの頭を自分の股間に押し付けていました。「んぐぐぅぅ」「そうそう、入会は黙ってしゃぶっりゃいいんだよ」アタシの口の中に生のおちんちんの味と匂いが充満していました。床の上にガラスのグラスが置かれて、そこにアタシの生フェラを見ていた人たちがお札を2枚ずつ入れました。「2かぁ・・高いんだか安いんだかわかんねーな」「ばーか、サトーさんの言いなりの女が2でフェラだけなわけねーべ?」「そうだな、もちろん2であんなことやこんなことも、だな?(笑)」この夜のアタシの値段でした。「じゃあ、オレから」その人は四つん這いのアタシに後ろから生で入れてきました。今夜も初めて会った人に、アタシは生で膣を貸し出しました。「出していいんだろ?」お尻を握りながらパンパンオマンコを突いてくる人が聞きました。「聞かれてるぜ、入会?」「あんっ!あんっ!・・うん、い、いいよ・・このまま・・中で出して」アタシは何の迷いもなくいつものように答えました。「あはは、な?いった通りだろ?2で生で中出しだぜ?安いもんだ」「まぁ、そうだけどなぁ。この穴、誰にでもヤらせてるんだろ?2で高いかもな?(笑)」「おいおい、俺の女に何言ってんだよ。入会は前も後ろも2でできるんだぜ?しかもマンコの具合もチョーいいんだ。な?いいマンコだろ?」カリビアンコムさんはアタシのことをこういう風に言っていました。アタシにとってこのセックスの意味はありませんでした。好きでもない人と生で膣内射精を許すことがよくないことはわかりますが、そこには何の意味もなくて、ただアタシの体が感じる気持ち良さと、アタシの体を使ってくれる快感がアタシを支配していました。「入会は、マジでチンポ好きだかんな。そして、男の排泄物が大好きだもんな?」「あん!あん!!・・う、うぅ・・うん・・大好き・・すごい・・きもちいい・・あん!!あんぅ!!!」残りの二人もグラスにお札を入れて、アタシに生入れして中出ししました。3人目の膣内射精を受けたアタシのオマンコは、中がすごく熱くて、ポタポタと精液を漏らしていました。「入会、今日も出してもらえて良かったな」「はぁ、はぁ・・う、うん・・」「これで今夜はもういいだろ?」「ううぅ・・でも・・もっと・・だめ・・なん?」アタシは床の上で四つん這いになって、サトーさんのおチンチンを再び舐めながら自分から求めていました。精液が漏れてくる感覚がいやらしくて、もっと・・・輪姦されているときみたいにもっとグチョグチョになるまで使ってほしくなっていました。「なんだよ、入会は欲張りだな」この時、アタシの頭の中には◯◯くんの存在は一切ありませんでした。そして、お店の中で、サトーさんとカリビアンコムさんと3Pしました。結局、サトーさんを膣内に、カリビアンコムさんをお尻で受け止めました。

「じゃあお前、送ってってやれよ。入会、お前、送ってもらったらちゃんとお礼しろよ。わかってんな?」アタシは、サトーさんが呼び出した男の人の車で家まで送ってもらうことになりました。カリビアンコムさん、サトーさんを含むの5人とクラブで生セックスして中出ししてもらって、しかもタバコみたいのを吸わされた上、何かの錠剤を飲まされたアタシは、精液が漏れて下着を汚すほど中出しされた後、さらに見知らぬ人の車に乗ったのです。「さっきまでサトーさんにヤられてたんだろ?」「・・うん」「生で?」「・・うん」「あは、すごいねぇ。セックス好きなんだ?」「・・うん、好き・」「しかも中だしだろ?」「・・うん」「中だし好きなんだ?」「・・うん、好き・・中で出してもらうの・・」この人は車を運転しながら、私の胸を生でもんでいました。「あん・・」「乳首立ってるぜ?声出しちゃって(笑)」車の中で、アタシはボーっとした頭と、疼きが止まらないオマンコがウズウズしていました。『もっとセックスしたい』という気持ちがアタシの理性を打ち消していました。家の近くの路上に車が止まると、アタシはその男の人を自分から誘いました。「サトーさんに言われてるし‥お礼しろって・・入れていい?」「あは、お礼?やりたいんか?」「うん・・Hしたい・・」「足りないんか?」「うん・・ねぇ・・いいでしょ・・まず、しゃぶってあげるから・・ね、・・オチンチン、出して・・」アタシは自分から男の人の股間を撫でながらねだりました。そして、ズボンのチャックを下ろしてあげて、ムワッとするおチンチンを咥えました。そして「大きくなったよ・・ねぇ・・お願い・・サトーさんに報告しなくちゃならないし・・ねぇ・・いいでしょ?・・」男の人は後ろの席に移り、アタシは自分から全裸になりました。そして、その人に向かい合う形でまたがり、さっきまでしゃぶったおチンチンを握ってオマンコに当てて、ゆっくりと挿入しました。「あう・・オチンチン、硬い・・あったかいね・・んぅ・・はぁあぁ・・気持ちいい・・あう・・もっと奥まで入れて・・んあ・・うん、そう・・そこ・・あ、当たるぅ・・そこ、気持ちいい・・ん‥ん・・」アタシは車の中で生でセックスしました。車を大きく揺らさないように、声を殺して、おチンチンをオマンコで味わいました。腰を前後に動かして、自分で亀頭が気持ち良いところに当たるようにしました。「入会、お前んち、まだ彼氏起きてるだろ?」車の後ろの窓から、◯◯くんが待っている部屋の灯りが見えました。「お前、彼氏がいる家の前で生でセックスしてるぜ?悪い女だな」「うぅ・・うん・・でも、きもちいいの・・だって、オチンチン、気持ち良いんだもん・・はぁ、はうぅ・・あう・・ああ・・」「マンコん中、すげーグチョグチョだぜ?匂いもすげーな(笑)マジでザーメンが溢れてるぜ?」「うぅ・・うん・・そう、そうだよ・・あ・・気持ちいい・・すごい濡れてる・・あ、あん・うぅ・・」アタシは何度も舌を絡めながら、男の人の首に腕を回して、腰を動かし続けました。「な、中で出して・・我慢できない・・このまま、このまま・・」「あはは、いいぜ・・このまま中でぶちまけてやるよ‥彼氏のいる部屋が見えるところで、他の男のザーメンを中で受けろや‥・」「あぁ・・うん‥だしてぇ‥このまま‥中で‥いっぱい‥感じたいの‥あ、あ、あ・・いい・・いぃ!!」アタシはこの人にも中出しさせました。

「ただいま」アタシが部屋に戻ると、◯◯くんはまだ起きていました。「おかえり」「うん、ただいま」アタシはいつも通りに振舞いました。◯◯くんは、アタシの出かけ先について聞くことはあまりありませんでした。・・ついさっき、数分前まで生でセックスして、アタシの体の中には他の人の精子が暖かいまま入っていたのに。◯◯くんが気づいているのかどうかは、気になりませんでした。悪いことをしてるとは思いましたが、何も話していないので嘘にはなっていないと思い込むことにしていました。アタシはばれていないと思うことにして、「シャワー浴びてくるね」といつものように浴室に入りました。下着を脱ぐと、べっとりと精液が付着していて、アタシはそれを水洗いしてから洗濯機に入れました。そして、シャワーを浴びながらオマンコから漏れてくる精液をクリに塗り込むようにオナニーしました。◯◯くんにバレないように。

当サイトに掲載されている全ての文章・画像などの無断転用、転載は固くお断りします。 コピーコンテンツやコピーサイトに対しては見つけ次第即座に下記のように厳しく対応致します。
・検索エンジンへの通報
→検索結果から削除され以後検索サイトに表示されなくなります。
・ASPへの報告
→ASPに通報しアカウントを削除され以後サービスを利用できなくなります。

コメントを残す