一本道で乱交輪姦7連続中出し無修正動画

「一本道、顔色悪いぜ(笑)」ヤマザキは笑っていた。「お前、何で笑ってんだよ」私はすこし声にイラつきを含めていた。彼女が他の男に抱かれ、マワされることは認めているし、中出しされることも、アナルを拡張させ、アナルにまで中出しを許しているのは私自身だ。その私が、今夜マワされている彼女に感情を波立たせた。嫉妬‥いや、それは違った。彼女をマワす男たちには何の感情もなかった。むしろ、それを受け入れている彼女にイラつき、嫌な感情を持ったのだ。勝手なことだとはわかっていた。私も望んでいた彼女の輪姦、それを見て私はその輪姦されている彼女にイラついたのだ。自己矛盾していることはわかっていても、その感情は抑えられなかった。「悪気はねーけどさ、前に話したろ?入会とはもう無理だって。」確かにヤマザキは以前私にそう言った。「なぁ、一本道」「あ?」「一本道、入会と別れろよ」「は?」まさかヤマザキがそんなことを言うとは思っていなかったので、私は驚いた。「あ??何でそうなんだよ」怒りを抑えようとした。「怒るなって。もう無理だよ、一本道じゃ。」ヤマザキはタバコに火をつけて言葉を続けた。さっきまで彼女をマワしていた男たちは部屋の向こう側で彼女をネタに笑い続けていた。こっちの話は聞こえていないはずだ。「無理だって。入会は一本道の手には負えねーよ。入会はどこまでもイクぜ?もう使う穴全てがザーメン漬けだ。輪姦されること自体を楽しんでる。一本道のために、とか言いながら、そんなことはもうどっか行ってるよ。一本道、入会と別れろよ。で、入会を俺に譲れ。金が欲しければいくらでも積んでやるよ」「‥おい、ヤマザキ‥」私はなんといっていいのかわからなかった。「俺が入会を飼ってやる。入会はどこにでも売れるよ。AV、ソープ、デリヘル・・SMクラブ・・俺がやってるサークル、ハプバー・・コンパニオン・・俺に使わせてくれよ。入会をリアルなチンポ奴隷にしてやる。一本道だって、そういう入会を見たいだろ?な?別れて俺に譲れ、な?」「・・何を言ってんだ?お前?本気か?」「あぁ、俺は本気だよ。前も言ったろ?俺は入会を調教しているときに思ったんだよ、一本道じゃあの女は無理だってな。・・おい、なんだ?この手は?」私はヤマザキの襟首をつかんでいた。「一本道だってわかってんだろ?男たちとシャワーに行った入会、今頃、またマワされてるぜ?また中出しだよ、中出し。」「・・・」私が想像し、自分でそれを否定しようとしていたことをヤマザキはスバリと言い切った。「知ってんだろ?カワサキたちとの乱交をやってることも。‥一本道、この場で返事くれとは言わないからさ、まぁ、考えておけよ。俺は本気だぜ」私はヤマザキから手を離し、後ろのソファーに座った。「な?一本道、入会と別れろよ。俺がきっかけになってやるよ。この話は俺から入会にも話すからよ、な?本気で考えてみてくれよ。」「‥ふざけんな、ヤマザキ‥」そういうのが精一杯だった。

アタシはシャワールームで立ったまま合計7人から一人ずつオマンコへの中出しを許しました。というか、自分から求めました。裸でシャワーで濡れながら男の人に連続で抱かれると、とても気持ちよくて、さっきまで輪姦のドキドキと快楽が思い出されて、もう自分からおチンチンを握ってオマンコに導き、出来るだけ咥えたくて自分からフェラさせてもらいました。立っているだけでオマンコから精液がポタポタたれるくらいの量を中出しされました。漏れている・・って感じが卑猥でやらしくて、それだけでイケそうでした。今夜だけで何人分の射精を体の中に受けたのか、自分でも分かりませんでした。「尚美、マジでザーメン専用マンコだな」「・・う、うん・・」「中出し、気持ち良いんだろ?」「・うん・・気持ちいい‥すごい・・中がね・・中が溢れるの・・みんなのザーメンがね・・アタシの中を満たしてくれてるの・・すごい、すごい気持ちいい・・すごいの・・」「チンポ好き?」「うん・・おチンポも‥精子も・・好き‥匂いも味も・・中に出してもらうの、すごい気持ちいいの・・アタシ・・みんなのザーメン用にされて・・気持ちいいの・・」アタシの本心でした。アタシはみんなのおチンチンを掃除フェラしながら本心を告白しました。「・・もっと続けてほしいの・・アタシ、いつでも想像するの・・こうしてオチンチンしゃぶって・・みんなにオマンコとお尻を使われて・・中に出されて・・アタシ、想像してオナニーするのが止められないの・・毎日ね・・毎日、おチンポのことを考えるの・・」両側に立っている人のオチンチンを手でにぎにぎしながら正面の人のオチンチンを舐めながら、アタシは気持ち良くなっていました。「最後まで吸えよ」「んぅ‥」さっき射精したばかりのオチンチンがまたグンッと固くなって、根元がビクビクしてきました。「ああん‥出して‥もう一回‥出して‥いいよ‥ただでいいから・・ね?もう一回・・」唇に触れるオチンチンがグゥと固く膨らんで、次の瞬間、ドクドクしたと同時にアタシの口の中にサラサラの精液が放出された感じがあり、息苦しくなりました。口の中の精子の匂いが鼻に抜けて、粘ついた液体が喉を通過しました。

当サイトに掲載されている全ての文章・画像などの無断転用、転載は固くお断りします。 コピーコンテンツやコピーサイトに対しては見つけ次第即座に下記のように厳しく対応致します。
・検索エンジンへの通報
→検索結果から削除され以後検索サイトに表示されなくなります。
・ASPへの報告
→ASPに通報しアカウントを削除され以後サービスを利用できなくなります。

コメントを残す