エッチな4610で素人に中出し無修正動画その2

エッチな4610の脚を左右に開きながら入会さんがオマンコをジロジロと見ているのがわかりました。「クリ、崩れてないな、いい形のままだ・・少し伸びたか・・色も黒ずんでるな・・俺と離れてから何本のチンポを入れられてきたんだ?あ?・・入り口が広くなってる・・もう開き切ってるじゃないか・・漏らしているみたいに濡れてる・・こんなに使い込まれたマンコになったんだな・・」その卑猥なエッチな4610のオマンコを責めるような言葉が突き刺さっていました。「ん・・う・・」入会さんの指がエッチな4610のオマンコ、内股近辺を這いまわり、時々クリをぺろっと舐めるんです。クリの皮を指先でめくって、その中の芯を舌先でチロチロと刺激して・・「あんっ!!!」前歯を立ててカリッとクリを挟んでくるイヤラシイ動き・・エッチな4610のオマンコはぐっちょりでした。「は・・はあ・・あ・・」ピチャピチャ・・と卑猥な音がしました。入会さんの指が触れるたびに粘着性の汁がオマンコから溢れることを感じさせられました。オマンコ汁がお尻の割れ目まで垂れていました。「ああうぅ!」入会さんがオマンコに指を入れました。いきなり2本の指をエッチな4610のオマンコは吸い込みました。「中、広がったんじゃないか・・相変わらずここは感じるか・・中、すこし荒れてるな・・このヌルヌルしたのはさっきのザーメンか・・」「あう・・はぅ・・」体が仰け反ります。オマンコの中を入会さんの指が何かを探すように動き回り、同時にエッチな4610のクリには舌独特の感触とそれが這い回る感じがありました。「ひう・・」膣の中を入会さんの指先がなぞりながら動き回っていました。内側を押し、擦り、また押して・・の繰り返しでした。『あぁ・・イキそう・・』手マンでイキそうでした。クリでイキそうでした。太ももを撫でる手でイキそうでした。何をされてもイキそうでした。「あ・・だめ・・あ・・あっ・・」エッチな4610のオマンコは我慢できませんでした。「はあうあう・・ぅぅ・・はめれすぅ・・ああぅぅ!!」イッタと同時にオマンコからサラサラした液体を噴きました。ガクガクッと腰が動きました。「いいぞ、教えたとおりに感じればいい・・何度もイッテみせろ・・何度でも噴け・・ほら、ここがいいんだろ?こう動かすのが好きだろ?」「あっ・そこ・・あ・・だめ・・ああ・・あうんぅ!」入会さんはエッチな4610の体を知り尽くしていました。エッチな4610の体の敏感なところ、刺激していいところを知っていました。「はうあう・・ぅう・・」エッチな4610の口に突っ込まれた入会さんの指はオマンコ汁の味がしました。「美味いだろ?綺麗に舐めろよ」「う・・うぅ・はひ・・」もうエッチな4610はあの頃のエッチな4610でした。入会さんに調教にかし出されて時のエッチな4610・・公衆便所、性奴隷、ザーメンマンコにされていたあの頃のエッチな4610になっていました。「はぁ・・おひいいれす・・」エッチな4610は入会さんの手を両手で握って自分の口に入れていました。エッチな4610の体が入会さんの攻めを覚えていたんです。入会さんの指の形、動き、その全てを覚えていて、無意識に反応しまくっていました。意識しても抑えられない気持ち良さが次々とエッチな4610の体を貫きました。『あああ・・気持ちいい・・気持ちいい・・』エッチな4610の心があの頃のエッチな4610になりたがっていたんです。

当サイトに掲載されている全ての文章・画像などの無断転用、転載は固くお断りします。 コピーコンテンツやコピーサイトに対しては見つけ次第即座に下記のように厳しく対応致します。
・検索エンジンへの通報
→検索結果から削除され以後検索サイトに表示されなくなります。
・ASPへの報告
→ASPに通報しアカウントを削除され以後サービスを利用できなくなります。

コメントを残す