一本道で乱交輪姦7連続中出し無修正動画その2

彼女は二人の男に連れられてシャワーから戻ってきた。白いガウンを着ていたが、顔は紅潮したままで、やはりヤマザキの言う通りシャワーでセックスしてきたことはすぐにわかった。男達はニタニタしながら「じゃ、尚美、またな(笑)」と彼女をヤマザキに渡した。すると、一人が彼女を振り向かせて腰に手を回して彼女にキスをした。「あ‥ん・・」彼女は抵抗せずにキスを受け入れた。二人は口を開いて舌を絡めていた。「ん・・ん」「おいおい、別料金だぜ、それ(笑)」ヤマザキが笑っていた。「あはは、冗談だよ。な?尚美?(笑)」「‥」彼女は何も言わなかった。「じゃ、ヤマさん!尚美、またな!」二人が出て行ったあと、ヤマザキが言った。「入会、お疲れ(笑)。どうだった?」「ん・・どうって・・」彼女は何を言っていいのかわからないようすだったが、その顔は未だに紅潮しており、決して悪い感じでなかったことを表していた。彼女はこの間、一切、私のことを見なかった。私は一人で孤立したような感じを受けた。「座ったら?」そういうのが精一杯だった。「う、うん・・」彼女はそこにあったソファーに腰掛けて、ヤマザキの差し出したペットボトルの水を口にした。「少し休んだら、帰ろう。」「うん」少し落ち着いた様子だった。しかし、彼女の心ここにあらず、のような表情は変わらなかった。しばらく休んだあと、彼女は服を着て、私と一緒に車に戻った。家に向かう車中、私と彼女はほとんど何も話さなかった。何を言えばいいのかわからなかった。そして、私の頭の中にはヤマザキの言葉「入会と別れろ」が反芻していた。

アタシは翌々日の昼間、ヤマザキさんに呼びだされてファミレスにいました。そして、ヤマザキさんが私に言いました。「入会、お前、一本道と別れろ。」「?」「別れて、俺んとこに来い。俺がリアルマンコ奴隷として飼ってやる。そのために、一本道と別れろ」突然のことにアタシはびっくりしました。「カワサキたちと輪姦してるのは知ってる。元職場の同僚ともやってんだろ?一本道は、もう入会と付き合ってられなくなるぜ?」ヤマザキさんは矢継ぎ早に言葉を続けました。「一本道じゃ、今の環境を提供できないぜ?結局、一本道は自分の手を汚してないだろ?俺やカワサキに入会をマワさせる環境を求めてる。一本道じゃ入会を満たせないんだ。わかるだろ?入会は、複数の男が必要な女なんだよ。入会の理性じゃない、マンコが求めてるんだ、複数の他人のチンポとザーメンを。気づいてるだろ?」そうかも、って思ってしまいました。アタシはそれくらい男の人に抱かれることを妄想していました。おチンポ漬け、精液漬けにされるアタシの体を妄想していました。「なぁ、入会」「・・・」「俺、入会をそばに置いておきたいんだよ。わかるだろ?俺だって男だ・・入会に何の感情もないわけじゃないのは、わかってるだろ?」「・・・」「俺は一本道とは違う。この前の輪姦のとき、一本道は嫉妬したんだ。嫉妬は本人の心の中の問題だ。だが、一本道はその感情を入会にあててくるぞ・・嫉妬は人をダメにする。一本道が悪いわけじゃない。一本道は、普通な男だってだけだ。だけど、俺は違う。入会のやりたい欲求を永遠に満たしてやる。一本道ができないことを提供してやれる。それは、俺が入会を大切に思ってるからだ・・入会、俺の女になれよ。な?俺には入会が必要なんだ。」ヤマザキさんがアタシを口説いているんだと思いました。「急にそんなこと言われても・・」アタシは混乱しました。でも、アタシはそこできっぱりと断れませんでした。

当サイトに掲載されている全ての文章・画像などの無断転用、転載は固くお断りします。 コピーコンテンツやコピーサイトに対しては見つけ次第即座に下記のように厳しく対応致します。
・検索エンジンへの通報
→検索結果から削除され以後検索サイトに表示されなくなります。
・ASPへの報告
→ASPに通報しアカウントを削除され以後サービスを利用できなくなります。

コメントを残す