東京熱tokyohotでマンコとアナル2穴中出し無修正動画その3

「マンコもいいよな、あのザーメンが入ってるマンコに生で入れるなんてさ、東京熱tokyohotじゃねーとやらせてくんねーだろ?」「あぁ、ザーメン入りのマンコに入れるとさ、なんかションベン漏らした気になるんだよな(笑)」「あ、俺も(笑)」「ザーメン入りのアナルもいいぜ?ネットリしててさ、しかも東京熱tokyohotのアナル、入り口がグイグイ締め付けてるんだよな」「あぁ、マンコも食いつきがすげー」「マジで好きモンだな、あの女」このプレイが決まった時、私は異様に興奮した。そして、実際に彼女が目の前でマワされはじめると、私は勃起までした。しかし後半、彼女が自分から感情をむき出しにして男たちを求め始めた姿を見たときから、それまでとは逆の感情が私を支配しはじめた。それは増長した嫉妬だった。その嫉妬は、男達の話を聞いているとさらに高まっていた。寝取られ的な感情に性的興奮を覚えていたはずが、プレイがエスカレートするに従ってただの嫉妬になり、彼女が感情をむき出しにすればするほど、嫉妬が激しくなっていたのだった。「おい、大丈夫か?」ヤマザキは私に言った。「何が?」「◯◯くん、なんとも言えない顔してるぜ(笑)」「あぁ、そうか‥大丈夫だよ」私は自分の感情を押し殺した。

凌辱が連れていかれたシャワールームは、とっても広いところでした。ここを使っていた会社の運動部が使っていたみたいで、タイルがむき出しの広いスペース、壁には適度な間隔をおいて10個のシャワーヘッドだけが埋め込まれていました。男女関係なく使うシャワールームに凌辱は全裸で股間から精液を漏らしながら入れられました。先にシャワーを浴びに来ていた人たちが3人くらい残ってました。「東京熱tokyohot、大丈夫か?」「あはは、すげー乱れた顔してるぜ?」「俺たちが洗ってやろうか?逆ソープ(笑)」「ほら、シャワーだ」「ん・・」凌辱はシャワーの下に立たされて頭からお湯をかけられました。全身汗と精子まみれの凌辱には、熱いシャワーがとっても気持ち良く感じました。隣のシャワーでも男の人がシャワーを浴びていて、男の人の浴びたお湯が凌辱の体にびちゃびちゃかかっていました。凌辱は男の人と同じ空間でシャワーを浴びている自分がすごくイヤらしく感じてきました。隣の人のオチンチンはクッタリして下を向いているのが見えるし、さらに隣の人はおチンチンを手で扱くように洗っていたました。

当サイトに掲載されている全ての文章・画像などの無断転用、転載は固くお断りします。 コピーコンテンツやコピーサイトに対しては見つけ次第即座に下記のように厳しく対応致します。
・検索エンジンへの通報
→検索結果から削除され以後検索サイトに表示されなくなります。
・ASPへの報告
→ASPに通報しアカウントを削除され以後サービスを利用できなくなります。

コメントを残す