一本道で電マバイブ責めのあと3穴同時中出し無修正動画 その2

「んあ!!んあっーーー!!!」「うるせーから、誰か口塞いでろよ!」「んぐぅ・・あうぅ・・」顔の上に誰かがまたがってきて、一本道の口にオチンチンを入れてきました。それでも下半身の刺激が激しくて、一本道はフェラに集中できませんでした。「俺、そろそろ出すけど?」今、オマンコに入れている人がそう言うと、「いいからはやく出せよ!次が待ってるぜ(笑)」と誰かが笑っている声が聞こえました。「おしっ!俺が一番出しだぜ!・・イクぞ!イクぞ!うぅ!!イクッ」ガツッと腰を握られてオチンチンが膣の奥にめり込む感じがしました。「あうぅふ・・あん・・・ん・・」思わず腰がガクガクしていました。オマンコにオチンチンがブワッと膨らんだ感覚とジワッとした熱い感覚がありました。「あ、あ、あ・・・」「よし、見せてみろ!」一本道は両足を大きく開かれました。「おら、自分で見てみろ」一本道は顔を上げさせらて自分の股間を見ました。半立ちのおチンチンの先に白い液体がネットリとついているのが見えて、一本道の股間がグッチョリしていました。「おぉ、出てるねー・・次のやつ、入れろ!入れられるとこも見てるんだよ」「はぁ、はぁ・・あ・・あんぅ!」即座に2本目の人が入れてきました。「おお、マンコの中、すげー熱い(笑)。マジで濡れてる(笑)。マンコ中でションベン漏らしたみたいだぜ!」突かれる度に、グチョ・・グチョ・・といやらしい音がしました。「んはぁ・・んあ・・・」「こっちしゃぶれって!」「手も動かすんだよ!」「サービスしてくれよ!」「んあ!!!!」身体中に男の人の手が這い回って、右から左からオチンチンが交互に突き出され、一本道は目の前にあるオチンチンに舌を伸ばし、口に入れるだけで精一杯でした。4人目の膣内射精までは覚えていましたが、そのあとは何人が出したからわかりませんでした。挿入しても射精したのかどうかもわからないくらい4人目以降はオマンコが精液で濡れていて、目の前にはニタニタする男の人の顔が次々と現れて、一本道は誰とセックスしているのか分からなくて、感覚がおかしくなっていました。

「そろそろケツも使おうぜ!」そう言ったのはアナルサークルのVIP会員の人でした。「尚美、四つん這いになれよ」一本道は四つん這いになりました。でも、腕に力が入らなくてガクガクしていました。「まずはそのチンポ咥えてろ。うるせーからな」「んあ・・・」一本道が目の前のオチンチンを口だけで咥えると、お尻が左右に大きく引っ張られ、アナルバイブがズルッと引き抜かれました。「あんぅ!!!」頭を押さえつけられて頬の内側に亀頭がめり込みました。一本道は歯が当たらないように口を開くので精一杯でした。口の中がおチンチンでいっぱいになって、舌の居場所もないくらいで、すごく息苦しくて、でもお尻からズッポリとした空洞感が感じらました。口はいっぱいでお尻はスカスカしました。「あはは、ケツがパックリだぜ!しばらく入れっぱなしだったらからな。」するとお尻にヌチャとしたものが塗られました。「みんなで使う穴だからな、最後まで使い切るにはメンテが必要だ。」アナルに再びワセリンが塗られていました。

当サイトに掲載されている全ての文章・画像などの無断転用、転載は固くお断りします。 コピーコンテンツやコピーサイトに対しては見つけ次第即座に下記のように厳しく対応致します。
・検索エンジンへの通報
→検索結果から削除され以後検索サイトに表示されなくなります。
・ASPへの報告
→ASPに通報しアカウントを削除され以後サービスを利用できなくなります。

コメントを残す