カリビアンコムでマンコに連続中出し無修正動画その4

カリビアンコムのオマンコとアナルからはザーメンをお漏らししたみたいにびちょびちょで、二つの穴が精液で繋がってました。顔の至る所に精液がべっとりついていて、目を開けると目の前が真っ白で、まつ毛は精液で重くて開くのが大変でしたが、カリビアンコムはカリビアンコムを使って射精してくれる男の人たち全員に気持ち良さを感じていました。「はぁ、はぁ‥いい‥すごいいいよぉ・・んあ‥おチンポ、舐めさせてぇ・・オマンコのおチンポ、中で出してぇ!!あはうあう!!!あういいい!!‥お尻に出してぇえ!!お尻で!!!んあああ!!ああ!!!そうっ!!そこっぉ!!!そこぉぉ‥すごいぃぃ!!!もっと、そこ突いてぇえ!!!ああうあう!イッテェ!!!そのまままイってぇ!!!」髪を掴まれて頭をグラングランと揺らされ、腰を掴まれて前後に動かされ、2つの穴におちんちんを入れたままお尻をスパンキングされました。痛さと快楽が交互に押し寄せました。男の人の匂い、精液の匂い、唾液の匂い、全部がカリビアンコムを支配していました。最後の体位は正常位で、オマンコへの生入れでした。カリビアンコムは仰向けで両手を左右に大きく開いていました。体に力が入らないのに、オマンコは異様に敏感で、気持ちよさだけを感じていました。いつも以上にオマンコがオチンチンの硬さと太さ、長さを感じていました。膣の奥にめり込む感じ、膣の入り口の裏側にひっかかる感じ、常に気持ち良さを感じました。仰向けで抵抗しないカリビアンコムの口を男の人たちが左右から指を入れて開き、「ほら、ここに入れてやれ!」と口内射精を促し、「こっちに入れるか?」と鼻の穴に指を突っ込んでいました。胸に出された精液は手のひらでベトベトに伸ばされ、オチンチンが入っているのに恥丘に射精する人もいて「俺のザーメンをローション代わりにマンコ犯せ!」と笑っている人もいました。「あう・・・あ‥うう・・」もう最後は何も言えず、ただみんなの精液を体に出されるだけでした。

「じゃあ、60分経ったから終了ー!」ヤマザキさんの声が聞こえました。「えっー、俺まだ入れてるからさ、もうちょっとで出るからさ、待ってよ!」「駄目だっつーの!キリがねーだろ!!(笑)」男の人たちの笑い声が聞こえました。カリビアンコムは床のマットの上で倒れていました。腰がガクガクして、足も手も力が入らなくて、ツバを飲み込むと精子も入ってきて、喉にべっとりと精液が付着してイガイガしているし、鼻の穴にも精子が入っていて、呼吸も苦しかったです。『使い捨て』って言葉が頭を過ぎりました。輪姦でこんなに感じたのは初めてでした。「入会をマワすって、最高!!」誰かが言いました。「どマゾな公衆便器」「俺たちにシェアされるマンコ」「共有アナル」「なんでも飲み込むザーメン排泄穴、入会!」みんなが言う好き勝手な言葉が、カリビアンコムを淫乱な女にさせていました。

当サイトに掲載されている全ての文章・画像などの無断転用、転載は固くお断りします。 コピーコンテンツやコピーサイトに対しては見つけ次第即座に下記のように厳しく対応致します。
・検索エンジンへの通報
→検索結果から削除され以後検索サイトに表示されなくなります。
・ASPへの報告
→ASPに通報しアカウントを削除され以後サービスを利用できなくなります。

コメントを残す