エッチな4610で女子大生の3P乱交輪姦中出し無修正動画

この頃からエッチな4610は私の知らないところで行為に及んでいるようだった。それに気づいたのは、ある日のサークルプレイが終わったあとだった。マジックミラーの部屋から見えるのはプレイに使われるところのみで、その部屋から浴室までの廊下や浴室、トイレまでは見えなかった。その日、エッチな4610はプレイ後のシャワーを浴びるために浴室に一人で入っていった。その後を二人の男がそそくさとついていったのだ。『プレイは終わったのになぜだ?』私は不審に思った。二人の姿が見えなくなって、しばらくたっても二人は戻ってこなかった。そして20分後、男二人がニタニタしながら浴室から出てきたのが見えた。さらに10分後、エッチな4610がガウンを着て浴室から出てきて、プレイルームに戻ってきた。エッチな4610はさきほどの二人の顔をみると何やら話し、ニコニコした。その様子は友達同士のようだった。私の疑念が確信に変わったのは、その後だった。プレイに参加した男が帰り出したのだが、さきほどの二人が最後まで残り、そして部屋を出るときにエッチな4610を抱きしめてキスをしたのだ。エッチな4610は抵抗することなく、二人の男と交互に抱き合い、ディープキスをした。『プレイが終わったのに?』男たちが帰ったあと、私はマジックミラーの部屋を出てエッチな4610に会いにいった。「◯◯くん」エッチな4610は私をみてニコニコしていたが、ちょっと動揺しているようにも見えた。「・・さっきの二人は?」私は聞いた。「え?二人?・・・あ、うん、最後まで居た人?なんでもないよ。またね、って言ってただけ」エッチな4610は私の顔をまっすぐに見て言った。さきほどのディープキスのことは言わなかった。私もそれ以上は何も聞かなかった。そして、いつものようにエッチな4610を部屋に呼び、3Pでその夜を終えた。エッチな4610がシャワーを浴びているとき、エッチな4610が私に話した。「◯◯ちゃんさ、ちょっと気になることがあんだけど」「あ?なんだ?」「いやさ、俺も見たわけじゃないけどさ、どうもサークル以外で参加者とヤってるみたいなんだよな」「・・どういうことだ?」私は悪い予感が的中した気分だった。「俺のバーに来てる客がさ、サークルの客でもあるやつだけどさ、そいつが◯◯ちゃんのことを『誰にでもヤらせる女』って話してるのを聞いたんだよ。サークルさ、いちおうルールがあるからさ、俺も気になったんだよ。そいつがさらに他の男に話してるんだよ。『尚美って女は誰とでもヤルゼ。サークルのプレイが終わった後に、ヤらせろって誘うと、絶対にヤらせる』って。『プレイ中はNGになってるマンコも生でヤらせてくれるぜ』ってな。」「なんだそれ?」私はドキドキしていた。「詳しくは知らねーよ。でも、同じ話をしてるのを何人かから聞いた。◯◯ちゃんに怪しい動きとかねーか?」「怪しい?」「たとえば、◯◯くんに隠してそうなこととかさ」「・・わかんねーな」確かに私には心当たりはなかった。この夜、見たことがすべてだった。「サークルの秩序って必要だからさ、◯◯くんもしっかりしてくれよ。」「あぁ、分かった」私は、しばらくエッチな4610の様子を見ることにした。

 

一本道のVIP会員に入会して女子大生の輪姦中出し無修正動画

「VIP会員とのセックスショーに◯◯ちゃんを貸してくんね?」ヤマザキからの提案だった。「今、会員のヤツらをVIPにグレードアップさせるための、セックスショーを考えてんだよね。」「詳しく話せよ。それだけじゃ分かんねー」「あは、そうだな」私とヤマザキの話を一本道は黙って聞いていた。「今、普通会員のヤツらを招待して、そいつらの前で◯◯ちゃんに中出しセックスショーをしてもらいたいんだ。中出しができるのはVIP会員だけだからな。普通会員に『VIPになれば中出し出来るぜ』って教えるためのショー。それに◯◯ちゃんのマンコを貸してくれよ」要は、まさしく人寄せのためのショーなのである。「どう?」私は一本道に聞いた。「・・・人が見てる前で・・セックスするんだよね?」一本道はヤマザキに聞き直した。「おう、そう」ヤマザキは続けた。「今のとこ考えてるのは3Pだな。で、二人とも中出しさせる。観客の普通会員は、それを見てオナニーするんだ。で、射精だけ◯◯ちゃんにぶっかけさせる。で、中出ししたくなった会員はVIP会員になる、ってこと」「見世物だな」私は冷静だった。「あぁ、そうだな。でも、こういうのも萌えるだろ?(笑)いい?◯◯ちゃん?」「・・・」一本道は小さく頷いた。「決まりっ!詳細はまた連絡するわ」一本道は、私の意見を聞くこともなく、自身でOKを出した。やはり、以前の一本道とは違っていた。

その日、部屋には普通会員の男達が8名集まっていた。私はいつものようにマジックミラーの部屋で一本道が出てくるのを待っていた。しばらくすると、一本道が全裸に首輪をされて、リードを引かれながら部屋の奥に作られていた低いベッドの前にVIP会員の男二人とヤマザキと姿を見せた。「じゃあ、事前に話したようにこれからVIP会員特典の中出しを見てもらうんで。VIP会員になれば、中出しデーに参加してもらえます。ゴムなしでセックス、で、中出しも可。実際に、VIP会員の二人にやってもらいます。今日の穴は尚美。このサークルの常連の女。この女に二人が中出しするから。じゃあ、尚美から挨拶。」一本道は首輪を引っ張られて一歩前に出て挨拶をした。「尚美です。VIP会員の皆さんのザーメン便所にしてもらってます。今日はよろしくお願いします。」ヤマザキが続けた。「今日いる普通会員、この3Pを見ながらオナニーしてもいいから。で、出すときは尚美にかけてやってくれ。マンコとアナル以外ならどこでもいいから。な?尚美?」「・・はい。一本道に皆さんのザーメン・・かけてください」「じゃあ、早速はじめよう。VIP会員のお二人、よろしく」一本道はヤマザキの金儲けのための中出しセックスショーを始めた。

一本道が汚れれば汚れるほど、入会は優しく一本道を抱いてくれました。他人の精子で汚れた一本道の体を愛してくれました。口の中に他人の精液が残っているのに、ディープキスをしてくれて、他人の精液が溢れる一本道のお尻を舐めてくれて、そのままオマンコに生で挿入してくれました。それがすごくすごく気持ちよくて、他人の精子の匂いのする入会の口が美味しくて、もっとキスしたくて、もっと強く抱いてほしくて、一本道は汚れた一本道を抱いてくれる入会をもっともっと愛したくなりました。

 

エッチな4610で女子大生を3穴同時姦中出し無修正動画

エッチな4610はますますエッチになっていきました。カワサキさんたちとの輪姦は続いていて、毎回、頭が真っ白になるまで犯されていました。そして、オマンコとアナルに必ず中出しされるようになりました。「孕まねーんだろ?じゃあ、出すしかないな(笑)」「便所で◯ん◯するときに、一緒にザーメン出てる?(笑)」「入会のマンコとアナル、そろそろガバガバだろ?」一人2回以上出すことも普通で、口の中に出された精子は絶対にごっくんだったし、精子の入っているオマンコに挿入するのが好きな人もいて、他の人の精子をローション代わりに連続でセックスすることが普通になっていました。軽く首を絞められながら「入会はザーメン好きだもんな」と聞かれると、「・・は、はい・・ぐう・・好き・・です」と答えるしかなくて、そう口に出すと、本当にエッチな4610は精子好きなような気がしてきました。みんなのプレイは段々とハードになり、エッチな4610は家畜のような扱いを受けるようになりました。首輪の装着、口枷、手錠、足かせをはめられてのセックス。後ろ手で手錠をされて、うつ伏せからお尻を持ち上げられて、オマンコ、アナル、口にバイブを突っ込まれて、何度もイカされました。乳首とクリにクリップを挟まれながらのバイブ責めは、痛みがだんだんと気持ち良さに変わっていきました。「入会はマゾだぜ、リアルマゾ」例のタバコみたいのを吸わされると、唾液が止まらなくなり、そのうち、オマンコとアナルへの刺激でオシッコを我慢できなくて漏らすようになりました。その時、頭の中は何も考えられなくて、ただ漏らす感覚が気持ち良くて、何度も失禁しました。オマンコとアナルも自然と拡張されていき、オマンコには指が4本、アナルにも4本の指が入れられるまでになりました。「やっぱりガバガバ(笑)」と笑われながらバイブをズブズブされると、もうオシッコが止まらなくて、自分の唾液をすすりながらフェラすることが最高に感じていました。『やってはいけない』ことがわからなくなっていました。男の人のお尻の穴にしゃぶりつきながら、オチンチンを扱き、男の人のアナルに指を入れてドクンドクンするオチンチンをしゃぶったり、口内射精した精液を舌の上に乗せてピースをしながら写メされたり、オマンコに人参を入れて写メされたり、お尻に魚肉ソーセージを入れて写メさせたりしました。画像が流出する危険性は知っていましたが、それを『やめて』とは言いませんでした。膣内射精されたあと、「俺、入会のオナニー見てーな」とオナニーを強要されました。「指入れてやんだよ!」エッチな4610はオマンコの中に入っている精子をさらに奥に押し込むように自分の指2本をオマンコに入れて、オナニーしました。「はぁ、はぁ・・見える??エッチな4610のオナニー・・ん・・はぁ、はぁ」「よく見えねーから、もっとマンコ開けよ」「はぁ、はぁ・・ん・・こ、こう・・」「もっと奥まで指入れろって。言う通りにやったら、これしゃぶらせやるからよ」エッチな4610の顔の前におチンチンがぶら下がっていました。「はぁ、はぁ・・ああん・・もっと?・・こう・・ん・・おチンポ、おっきくなってるよぉ・・ん・・しゃぶらせ・・て・・ん・・ああん・・我慢できないょ・・ん・・ああん・・」ぐちゅぐちゅと精子でオマンコをかき混ぜるところを見せながらのオナニーは、すごく興奮しました。そして、ご褒美でエッチな4610はまたフェラチオさせてもらえるのです。「ん・・はぁ、はぁ・・んぐ・・はぁ、はぁ・・」エッチな4610はタバコみたいので理性を失い、おチンチンを欲しいっていう気持ちだけの女になっていました。
エッチな4610は3穴同時姦されると意識が飛ぶことがありました。気がつくと、さっきまでアナルに入れていた人の隣で寝ていたり、トイレの便器に顔を突っ込んだまま気絶していたりしました。危ないことをさせられている、と思いましたが、エッチな4610の頭は、エッチな4610の体が感じる快楽に負けていました。クスコを突っ込まれたまま、マングリ返しされて、クスコの中にオシッコを入れられたこともありました。エッチな4610の体に飛び散るオシッコを感じながら、エッチな4610はイきました。オマンコに男の人のオシッコを入れることが危険なことはわかっていました。でも、そんな扱いを受けているエッチな4610の存在自身が、エッチな4610を気持ち良くさせていました。「入会のマンコはマジ便所」エッチな4610は放尿後のおチンチンを吸わされ、尿道に残るオシッコも飲みました。そんなことをしているなんて、◯◯くんには絶対に言えませんでした。

カリビアンコムで女子大生がフェラチオとごっくん動画

この頃から彼女は私の知らないところで行為に及んでいるようだった。それに気づいたのは、ある日のサークルプレイが終わったあとだった。マジックミラーの部屋から見えるのはプレイに使われるところのみで、その部屋から浴室までの廊下や浴室、トイレまでは見えなかった。その日、彼女はプレイ後のシャワーを浴びるために浴室に一人で入っていった。その後を二人の男がそそくさとついていったのだ。『プレイは終わったのになぜだ?』私は不審に思った。二人の姿が見えなくなって、しばらくたっても二人は戻ってこなかった。そして20分後、男二人がニタニタしながら浴室から出てきたのが見えた。さらに10分後、彼女がガウンを着て浴室から出てきて、プレイルームに戻ってきた。彼女はさきほどの二人の顔をみると何やら話し、ニコニコした。その様子は友達同士のようだった。私の疑念が確信に変わったのは、その後だった。プレイに参加した男が帰り出したのだが、さきほどの二人が最後まで残り、そして部屋を出るときに彼女を抱きしめてキスをしたのだ。彼女は抵抗することなく、二人の男と交互に抱き合い、ディープキスをした。『プレイが終わったのに?』男たちが帰ったあと、私はマジックミラーの部屋を出て彼女に会いにいった。「カリビアンコム」彼女は私をみてニコニコしていたが、ちょっと動揺しているようにも見えた。「・・さっきの二人は?」私は聞いた。「え?二人?・・・あ、うん、最後まで居た人?なんでもないよ。またね、って言ってただけ」彼女は私の顔をまっすぐに見て言った。さきほどのディープキスのことは言わなかった。私もそれ以上は何も聞かなかった。そして、いつものようにヤマザキを部屋に呼び、3Pでその夜を終えた。彼女がシャワーを浴びているとき、ヤマザキが私に話した。「◯◯ちゃんさ、ちょっと気になることがあんだけど」「あ?なんだ?」「いやさ、俺も見たわけじゃないけどさ、どうもサークル以外で参加者とヤってるみたいなんだよな」「・・どういうことだ?」私は悪い予感が的中した気分だった。「俺のバーに来てる客がさ、サークルの客でもあるやつだけどさ、そいつが◯◯ちゃんのことを『誰にでもヤらせる女』って話してるのを聞いたんだよ。サークルさ、いちおうルールがあるからさ、俺も気になったんだよ。そいつがさらに他の男に話してるんだよ。『入会って女は誰とでもヤルゼ。サークルのプレイが終わった後に、ヤらせろって誘うと、絶対にヤらせる』って。『プレイ中はNGになってるマンコも生でヤらせてくれるぜ』ってな。」「なんだそれ?」私はドキドキしていた。「詳しくは知らねーよ。でも、同じ話をしてるのを何人かから聞いた。◯◯ちゃんに怪しい動きとかねーか?」「怪しい?」「たとえば、カリビアンコムに隠してそうなこととかさ」「・・わかんねーな」確かに私には心当たりはなかった。この夜、見たことがすべてだった。「サークルの秩序って必要だからさ、カリビアンコムもしっかりしてくれよ。」「あぁ、分かった」私は、しばらく彼女の様子を見ることにした。

その次のサークルの夜は、ザーメンサークルだったのだが、プレイを終えた彼女がプレイルームの外の廊下で他の男と親しげに話してるのを見た。彼女はバスタオルを体に巻いており、男二人は全裸だった。彼女は廊下の端に立っており、チラチラとしか見えなかったが、男二人が彼女の前に立っていることははっきりと見えた。男たちが時々彼女に覆いかぶさるようにしているのが見えて、男の腰に彼女の手が回っているのが見えた。そして、私は見た。彼女が壁に手をついて男のほうにケツを突き出して、男は彼女の腰に手を回して自分の腰を彼女のケツに押し付けているのを。『挿入した』と私は思った。

エッチな4610で素人女子大生に口内射精の動画

「いいんすか?まじで?」「あぁ、いいよ。ほら、扱いてるところ見せてやれよ。この女、男のオナニー見ると反射的にザーメン飲みたくなる性癖だからよ(笑)」エッチな4610に生入れしている人が言いました。「そうそう、この女にとってはザーメンは飲み物だからさ、な?入会?」「んあ・・・」「舌、伸ばしてろって!」「んあああ・・」カワサキさんがエッチな4610の舌を指で摘んで引っ張り出しました。大学生8人はみんなズボンを下ろしておチンチンをしごいていました。「すげ・・」「こんな女、いるんすね・・」「おぉ・・エロ・・」だんだんと大学生たちはエッチな4610の顔を囲むように近づいてきて、おチンチンを強く握ってしごいていました。「あ・・・出る!」一人の大学生の少し皮を被った亀頭の皮がベロンとめくれるとエッチな4610の舌の上に載せられ、エッチな4610の舌先が亀頭に触れた瞬間、びゅるる・・と熱くて濃い精子が口の中に注がれました。「んはああ・・」エッチな4610は思わず舌を口の中に引っ込めたので、同時に精子が喉に流れ込んできました。数回ピュッピュッと亀頭から吐き出された精子は、エッチな4610の顎、唇、鼻の舌に飛び散りました。ねっとりと濃厚な精子の感触と匂いが鼻をつきました。エッチな4610はそれに体が続々するくらい感じました。「入会、ほら、掃除してやれよ」「んはぁぁ・・んうう・・」エッチな4610の口に射精したおチンチンが押し込まれると、次の大学生が「俺もイク」と掃除フェラしているエッチな4610の顔めがけて射精しました。「んーーー」エッチな4610は思わず目を瞑ってしまい、顔には再び熱い液体が付着した感覚がありました。「だめ・・イク!!」「俺も!」次々とエッチな4610の顔に熱い液体が感じられ、エッチな4610の顔は精子の重さを感じていました。「んはあはああ!!」エッチな4610は口から掃除フェラ中のおチンチンを吐き出して大きく息を吸うと同時に、また精液を口の中に流し込まれ、呼吸ができなくなりました。「んはあああああ!!!はあ!!!!」精液が鼻の中に入ってきました。目を開けると、まぶたが重く感じて、目の前には真っ白なものしか映っていませんでした。「あはは!!入会の顔、ヤングなザーメンで真っ白だぜ!」「おい、初対面の学生さんのザーメンまみれって、どうなの(笑)」「んああ!!あうう!・・あうぅぅ!!」一層はげしくオマンコがおチンチンで突き上げられ、エッチな4610は体をのけぞらせました。「こうやって使うんだよ、便所女っていうのは!」「あうあうぅ!!!だめぇ!!いくぅぅ!!!!」エッチな4610はイキました。目を開けられず、口から精子を吐き出しながら、イカされました。

「あの、俺たちも入れていいすか?」ベッドで横に倒れているエッチな4610の脇で、大学生がカワサキさんたちに聞いていました。「あ?やっぱり入れたい?」「はい!すげー入れたいっす」「んー、でもなぁ。おい、入会、どーする?」エッチな4610は意識が朦朧としていました。「・・う、うん・・」「うん、じゃわかんねーよ。・・ま、いいか。お前ら病気持ち?」「いえ、病気ないっす」「んー・・分かった。でも、ナマ中だしは禁止な。お前ら、ゴム持ってる?」「ゴムっすか?いえ、ないです」「しょーがねーな。じゃあ、入会、お前、このビルの隣のコンビニでゴム買ってこい。」カワサキさんは私に指示を出しました。「ほら、これ着て早く行ってこい」「・・は、はい・・」エッチな4610は体を起こして渡されたエッチな4610のジャンパースカートを全裸の上に着ました。「そのままでいいから、早く行ってこい。おい、大学生、だれか見張りしてこい」「あ、はい」エッチな4610は大学生に腕を引かれてフラフラ歩きました。部屋を出るときに映った鏡の中のエッチな4610は、髪はボサボサ、シャワーを浴びてなく、顔射された精子はちり紙で拭き取っただけで、顔には白い精液の跡がついてて、汗でテカっていました。

東京熱tokyohotで11人連続中出し無修正動画

「この前の会員募集3P、すげー好評でさぁ・・」ヤマザキが切り出した。「でさ、◯◯くん、ちょっと考えてるんだけどな」「・・何?」「今度さ、時間制限付きで、射精無制限輪姦っつーのを考えてんだけど、どうかね?」この日、私はヤマザキと二人で飲んでいた。ヤマザキの知り合いの店で個室だ。「お前、相変わらず唐突だね。詳しく話せって。」私はいつものことだ、と思っていた。「俺の持ってる場所があってさ、そこに会員のランクもサークルの区別もなく、ヤりたいやつだけを集めるんさ。で、時間制限は60分。その間なら、マンコもアナルも口内もどこでも射精無制限っつー輪姦。」「人数は?」「制限なし。ヤりたいやつが来ればいい。10人でも20人でも、だ。」「カネ、取るのか?」「あー、そうだな。まぁ、大した額じゃねーけどな。要は、サービスデーだよ。サービスデーのタイムサービスみたいなもんんだ、現金もいいけど、チケット制にするのも面白いな。『口内射精チケット』『マンコ中出しチケット』(笑)」「・・それを◯◯ちゃんで・・ってことか」「あぁ、そう。◯◯ちゃんはNG少ないからな。他の女だとさ、相手見て対応変えたりとかさ、あからさまに『イヤ』って態度に出す女いるからな。◯◯ちゃんはそれがないから、サービスで提供するにはもってこいだ」「・・お前、そんなことよくハッキリいうな、俺の前で」「あはは、まぁ、気にすんなよ。もちろんギャラは払うよ。」「危なくないのか?」「あぁ、俺の知ってるヤツだけだ。」「病気とかは?」「問題ない。」「ヤバイやついないのか?」「ヤバイ?」「あぁ、何かにつけて・・な」「あー・・どうだっけな(笑)。まぁ、大丈夫だろう。」場所は、いつもの部屋ではなく、郊外の住宅造成地にある建築会社の寮だったところ、という話だった。「建築会社が潰れてさ、そこの整理しててさ、その寮だけ手付かずだったんだよな。まぁ、こういうことに使えるかもって思ったし(笑)」「時間制限ありで、人数無制限・・か」「あぁ、そう。」彼女のことについて疑念や不満を感じていた頃だった。私は彼女に対して何かしらの制裁ではないが、ちょっと厳しいプレイをさせてみたい気もあった。彼女を使っている男達への嫉妬への復讐ではなく、彼女自身に対しての黒い感情を吐き出したい気分だった。私はこのことを彼女に話すことにした。
「え・・ほんと?・・そんなこと・・」彼女は私の話を聞いて驚いていた。「うん、AVみたいな話だけど、本当。」「・・・◯◯くん、どうなん?」「どうって?」「・・・東京熱tokyohotに・・いいん?」彼女はしばらく間をおき、言葉を選んだ末に何を言っていいのかわからない様子でこう言った。「うん、いいよ。時間に制約があるから体への負担も・・・」私は言葉を濁した。

一本道で電マバイブ責めのあと3穴同時中出し無修正動画

「んぅっぅ!!!!」オマンコにも指が入ってきました。「次、こっち咥えろ!」「んはぁ、はぁ、はぁ・・いんぅ・・ちょ、ちょっと・・待って・・んぅぅ!!!」まさしく連続でした。一本道はとにかく目の前のオチンチンを次々と口に入れさせられました。「そろそろマンコもいいだろ!」「もうネッチョリしてるし!」「そこに寝ろ!」「んあ・・はぁ、はぁ・・」一本道は床に仰向けに倒されました。「おい!誰かアナルバイブもってこい!」一本道はマングリ返しされました。「マンコよりもアナルにぶち込め!時間ねーから、アナルを先に広げとけ。その間にマンコにザーメン注いでやるから」「はぁ、はぁ・・あ、あ・・あああん!!!」一本道のお尻にワセリンが塗られて、バイブがズルズルって入ってきました。「んあああ!!!!」「あはは、アナルズボズボいってるぜ!」アナルにバイブが何度も出し入れされました。無理やりだし、十分にほぐしていないので、一本道のお尻は痛みを感じていました。「お、奥・・痛いぃ・・いいぃ・・・」「うるせーって(笑)そんなことは分かってるよ(笑)」「時間ねーし、しょーがねーって(笑)」「時間がもったいねーから、マンコ入れるぜ!」一本道は床の上で足を広げさせられました。「じゃんけんだ!!じゃんけん!!」男の人たちがじゃんけんをしているのが見えました。誰が先に入れるか、じゃんけんで決めていました。「よーし、俺が今日のマンコ一番乗り、もらうぜ!」グイッと内股を外に広げられ、ニュルゥとオマンコにオチンチンの感覚がありました。初めの人が入れるまで10分かかってなかったと思います。「あ・・無理・・ちょ、ちょっと・・・あんぅつ!!!」「口、塞げ!」「手も使えよ!」一本道の顔の上に誰かがまたがって、口にオチンチンを押し込んできました。腕は左右に広げられて誰かが押さえ付けていて、左右の手それぞれにオチンチンを握らされました。「んあうあう!!!」誰かが胸をグニグニ揉んでいました。腰をグッと抑えつけられ、ガツガツと男の人が股間をぶつけてきていました。「おー、やっぱり生は気持ちいいぜ」アナルのバイブが床に当たって、お尻が痛くなってきましたが、そんなことはお構いなしでオマンコが犯されました。「おい、はやく代われよ!」入れていた人がニュルッとおチンチンを抜きました。「しょーがねーなー。ま、シェアだからな、尚美をシェア(笑)」「あう・・っはぁ、はぁ・・あんぅつ!!!」2本目の人がオマンコに入れました。「次、俺!!」「なんだよ、もう交代かよ(笑)」「おい、変わってくださいよー(笑)俺も、ザーメン入ってないマンコに生入れしてーから」数回ピストンすると、次の人が生挿入・・それの繰り返しでした。一本道の周りには男の人がたくさんいて、もう誰が誰だかわかりませんでした。この場所にいる男の人全員が、一本道に生でおチンチンを入れたがっていました。一本道のオマンコはみんなに提供されていて、一本道はこの状況に感じていました。一本道は男の人に群がられていて、いつの間にかクリに電マが当てられていました。クリに当てられた電マの振動がクリの表面から体の芯まで響いて、膣内のおチンチンの圧迫と同時にものすごく気持ち良く感じました。電マの振動がおチンチンの刺激をさらに増長させている感じでした。

カリビアンコムでマンコに連続中出し無修正動画

大勢の人がカリビアンコムの体を使って気持ち良くなって、射精して‥カリビアンコムは、射精のためにだけ使われてて、そこには愛とかなくて、好きな人とのセックスとかじゃなくて、ただ射精のためだけに・・。ちょっとMっ気のある女の子なら妄想したこともあるんじゃないかと思うような、終わらない輪姦。生命の危険もなくて、何かあってもちゃんとフォローされて、カリビアンコムの人生に大きな危険がないところでマワされる‥そんな妄想を実現していることに興奮しました。オナニーするときの妄想がカリビアンコムの体を敏感にして、たくさん感じられるようにしていました。カリビアンコムはただ目の前のおチンチンをフェラして、オマンコとアナルにおチンチンを入れている気持ち良さだけに溺れていました。◯◯くんが見ていることなんて、忘れていました。カリビアンコムがフェラしてる人、オマンコとアナルを許している人、カリビアンコムの胸を揉んで、精子をぶっかけてる人、みんなにもっと気持ち良くなってほしくて、みんなにもっと気持ち良くしてほしくて、みんなの気持ち良くなった証としての精子をもっと体の中にほしくて、カリビアンコムはヨガリ、喘ぎ、もっともっと欲しがりました。

体位を変えて、今度は騎乗位でオマンコに挿入したままカリビアンコムは体を前に倒して下からオチンチンを入れている人に覆いかぶさるようになって、男の人たちが左右からカリビアンコムのお尻を開き、口を開いたお尻の穴にさらにオチンチンが入ってきました。「もう時間ねーからな、ここからはアナルに連続で行こうぜ!」さっきまで挿入されていたカリビアンコムのアナルは、次のオチンチンもすぐに受け入れました。「んあうあうーーーーあ、あ、あ・‥」お尻への挿入もオマンコのそれと変わらないくらいの激しさでした。「おしっ!交換!!」数回ピストンをすると、違う人が挿入しました。「お、俺の生チンポが入会のケツに吸い込まれる(笑)」前の人のオチンチンの感覚が残っているアナルに、違う大きさのオチンチンがグニッと入ってくる感じは異様に興奮しました。「入会のアナル、すげーいいぜ!食いつきがいい!!」「この入会のアナルが使えるなんて、サービスデー、最高(笑)」「ケツからザーメン垂らして、そこにチンポ突っ込めるなんてな(笑)誰かが病気持ってたら、大変だぜ、おい(笑)」お尻でのセックスは、気持ち良いところがピンポイントだと思っていたのですが、ここまで連続でやられるともう痛みしか感じなくて、でもそれがすごく良く感じました。おチンチンを引き抜くときにズルズルする感じがよくて、奥まで入れられると痛みを感じましたが、また引き抜かれるとゾクゾク感じました。抜かれる瞬間、お尻の入り口にひっかかる感じも気持ち良く感じていました。「ケツ真っ赤!!アナルが壊れる前に入れようぜ!」カリビアンコムはアナルに入れている人に後ろ髪を引っ張られて顔を上げさせられ、「ほら、口にも入れてやれよ、寂しがってるぜ!」とまたフェラさせられました。

東京熱tokyohotでマンコとアナル2穴中出し無修正動画

部屋の中央のマットの上で彼女はぐったりと横になっていた。先ほどまで彼女を使って、彼女の体に射精していた男たちはほとんどがシャワーを浴びに行っていたので、部屋に残っているのは4人だけだった。ヤマザキと私は彼女のそばに立ったが、彼女はそれに気づかないようで、ただ息を荒くして体を丸めていた。「東京熱tokyohot、ほら、立て。立ってシャワー浴びてこい。」ヤマザキが彼女に言った。「・・うん・・」彼女はそう答えるが立つ様子がない。「しょーがねーな。みんな、シャワーに連れてってくれよ」「あぁ、そうだな」周りにいた4人が彼女の体を持ち上げ、彼女を立てせた。「・・ん・・」彼女はまだぐったりしていた。私はその様子を黙ってみていた。ここにいる男達には、私と彼女の関係は内緒なのである。「じゃあ、シャワー入ってくるわ」「東京熱tokyohot、すげーな、全身ベトベトだぜ(笑)」「ザーメンだろ、それ(笑)」彼女の体は至る所が赤くなっており、顔も髪も精子の跡、内股も真っ赤でケツの割れ目まで赤く、内側は真っ白に精液が固まったような跡がついていた。彼女は全裸のまま両側から男達に抱えられてシャワー室に連れていかれた。「◯◯ちゃん、すげーことになってんな」ヤマザキだった。「あぁ、そうだな」私はそうとしか言えなかった。シャワーから戻ってきた男達の会話が聞こえた。「東京熱tokyohot、いよいよすげーな」「あぁ、なんだよあれ、マジで便所じゃん」「企画女優並みのプレイだよな。」「マンコもアナルも生だもんな。」「妊娠しないっつー話だけどさ、自分の女があれじゃ、ちょっと困るよな」「ちょっとじゃねーって、マジでやだろ?」「あれは東京熱tokyohotが男好きなんだろ?淫乱?」「あぁ、チンポ奴隷だもんな。よくもまぁ、あれだけの男を相手にやるよな」「東京熱tokyohot、彼氏いるんかね?」「は?いねーだろ?」「いや、いるだろ。もしかしたら結婚してるかもな?」「東京熱tokyohot、AV出てるって話だぜ?」「俺が聞いたのは、変態に飼われてるって」「変態投稿雑誌に出てるって」「ネットで画像見つかるらしいぜ?」「マジで変態だな(笑)」皆が、彼女を侮辱するようにニタニタしていた。「俺のザーメン、東京熱tokyohotのマンコん中(笑)」「俺、アナルに出してやった」「俺は飲ませてやったよ。あの掃除フェラが最高だよな。すげー吸うんだよ、あれで連続で出したもんな」「そうそう、東京熱tokyohotの掃除フェラ最高(笑)」

一本道で乱交輪姦7連続中出し無修正動画

「一本道、顔色悪いぜ(笑)」ヤマザキは笑っていた。「お前、何で笑ってんだよ」私はすこし声にイラつきを含めていた。彼女が他の男に抱かれ、マワされることは認めているし、中出しされることも、アナルを拡張させ、アナルにまで中出しを許しているのは私自身だ。その私が、今夜マワされている彼女に感情を波立たせた。嫉妬‥いや、それは違った。彼女をマワす男たちには何の感情もなかった。むしろ、それを受け入れている彼女にイラつき、嫌な感情を持ったのだ。勝手なことだとはわかっていた。私も望んでいた彼女の輪姦、それを見て私はその輪姦されている彼女にイラついたのだ。自己矛盾していることはわかっていても、その感情は抑えられなかった。「悪気はねーけどさ、前に話したろ?入会とはもう無理だって。」確かにヤマザキは以前私にそう言った。「なぁ、一本道」「あ?」「一本道、入会と別れろよ」「は?」まさかヤマザキがそんなことを言うとは思っていなかったので、私は驚いた。「あ??何でそうなんだよ」怒りを抑えようとした。「怒るなって。もう無理だよ、一本道じゃ。」ヤマザキはタバコに火をつけて言葉を続けた。さっきまで彼女をマワしていた男たちは部屋の向こう側で彼女をネタに笑い続けていた。こっちの話は聞こえていないはずだ。「無理だって。入会は一本道の手には負えねーよ。入会はどこまでもイクぜ?もう使う穴全てがザーメン漬けだ。輪姦されること自体を楽しんでる。一本道のために、とか言いながら、そんなことはもうどっか行ってるよ。一本道、入会と別れろよ。で、入会を俺に譲れ。金が欲しければいくらでも積んでやるよ」「‥おい、ヤマザキ‥」私はなんといっていいのかわからなかった。「俺が入会を飼ってやる。入会はどこにでも売れるよ。AV、ソープ、デリヘル・・SMクラブ・・俺がやってるサークル、ハプバー・・コンパニオン・・俺に使わせてくれよ。入会をリアルなチンポ奴隷にしてやる。一本道だって、そういう入会を見たいだろ?な?別れて俺に譲れ、な?」「・・何を言ってんだ?お前?本気か?」「あぁ、俺は本気だよ。前も言ったろ?俺は入会を調教しているときに思ったんだよ、一本道じゃあの女は無理だってな。・・おい、なんだ?この手は?」私はヤマザキの襟首をつかんでいた。「一本道だってわかってんだろ?男たちとシャワーに行った入会、今頃、またマワされてるぜ?また中出しだよ、中出し。」「・・・」私が想像し、自分でそれを否定しようとしていたことをヤマザキはスバリと言い切った。「知ってんだろ?カワサキたちとの乱交をやってることも。‥一本道、この場で返事くれとは言わないからさ、まぁ、考えておけよ。俺は本気だぜ」私はヤマザキから手を離し、後ろのソファーに座った。「な?一本道、入会と別れろよ。俺がきっかけになってやるよ。この話は俺から入会にも話すからよ、な?本気で考えてみてくれよ。」「‥ふざけんな、ヤマザキ‥」そういうのが精一杯だった。

アタシはシャワールームで立ったまま合計7人から一人ずつオマンコへの中出しを許しました。というか、自分から求めました。裸でシャワーで濡れながら男の人に連続で抱かれると、とても気持ちよくて、さっきまで輪姦のドキドキと快楽が思い出されて、もう自分からおチンチンを握ってオマンコに導き、出来るだけ咥えたくて自分からフェラさせてもらいました。立っているだけでオマンコから精液がポタポタたれるくらいの量を中出しされました。漏れている・・って感じが卑猥でやらしくて、それだけでイケそうでした。今夜だけで何人分の射精を体の中に受けたのか、自分でも分かりませんでした。「尚美、マジでザーメン専用マンコだな」「・・う、うん・・」「中出し、気持ち良いんだろ?」「・うん・・気持ちいい‥すごい・・中がね・・中が溢れるの・・みんなのザーメンがね・・アタシの中を満たしてくれてるの・・すごい、すごい気持ちいい・・すごいの・・」「チンポ好き?」「うん・・おチンポも‥精子も・・好き‥匂いも味も・・中に出してもらうの、すごい気持ちいいの・・アタシ・・みんなのザーメン用にされて・・気持ちいいの・・」アタシの本心でした。アタシはみんなのおチンチンを掃除フェラしながら本心を告白しました。「・・もっと続けてほしいの・・アタシ、いつでも想像するの・・こうしてオチンチンしゃぶって・・みんなにオマンコとお尻を使われて・・中に出されて・・アタシ、想像してオナニーするのが止められないの・・毎日ね・・毎日、おチンポのことを考えるの・・」両側に立っている人のオチンチンを手でにぎにぎしながら正面の人のオチンチンを舐めながら、アタシは気持ち良くなっていました。「最後まで吸えよ」「んぅ‥」さっき射精したばかりのオチンチンがまたグンッと固くなって、根元がビクビクしてきました。「ああん‥出して‥もう一回‥出して‥いいよ‥ただでいいから・・ね?もう一回・・」唇に触れるオチンチンがグゥと固く膨らんで、次の瞬間、ドクドクしたと同時にアタシの口の中にサラサラの精液が放出された感じがあり、息苦しくなりました。口の中の精子の匂いが鼻に抜けて、粘ついた液体が喉を通過しました。