一本道のVIP会員に入会して女子大生の輪姦中出し無修正動画その2

一本道は、VIP会員勧誘のマナ板3Pショーやりました。男の人たちが見ている前で、その向こうの部屋には入会がいて、一本道はVIP会員の人に中出ししてもらいました。VIP会員に生入れされている一本道の口、胸、お腹、恥丘に普通会員の人たちの精液がぶっかけられて、一本道はみるみる汚されていきましたが、同時に一本道はものすごく興奮していました。『入会が見ててくれる』と思うと、もっともっと他人の生オチンチンが欲しくなって、もっともっと他人の精子を自分の体に入れている一本道を入会に知ってほしくて、他人の精子自体を欲しくなりました。部屋の奥に置かれた低いベッドの上で仰向けになって足を大きく開いて、一本道は自分でクリを弄ります。一本道の顔の上には、左右から勃起したオチンチンが載せられて、一本道はそれを舌でペロペロしたり、唇で吸い付いたりしながらクリでオナニーするんです。亀頭の先端から滲むように滲み出るガマン汁が一本道の頬にペタペタするのを感じる頃には、一本道のオマンコはすでにグッチョリでした。「はぁ、はぁ・・・」そんな一本道を見ながら、ベッドの下にいる普通会員の人たちは、自分のオチンチンを扱きます。「ち、ちかくで見ていいんですか?」「おぉ、こっち来てくださいよ。もっと見て欲しいもんな?尚美さん?」「はぁ、はぁ・・はい・・もっとこっちで見てください・・ほら、一本道がオチンチン舐めてるとこも・・オマンコ・・こんなに濡れてるところも・・」一本道の指にはマン汁がネットリと糸を引きました。一本道は自分でオマンコを開きました。するとVIP会員の人がオチンチンを当ててきました。一本道は、もう自分の性欲を抑えることができませんでした。「ああ・・はやくぅぅ・・・はやくいれてぇ・・」ヌチャと音がして、ズズズっ・・とオマンコに丸くて硬いものが入ってきました。それは熱くて、オマンコの入り口がどくどくするのを感じるオチンチンでした。「はぁああ・・」「尚美さん、ナマ、気持ち良い?」普通会員の人が一本道のすぐ横でオチンチンを扱きながら聞いてきました。一本道は、その血管の浮いたオチンチンをうっとりと見ながら「うぅん・・気持ち良いよぉ・・・ナマのおチンポ・・気持ち良いよおっぉ・・・」と答えました。一本道の視界には3人の男の人が写っていて、みんなオチンチンをしごいていました。「尚美さん、エロい」オナニーする男の人の顔は、すごくエッチだと思います。そんな顔を見ながら一本道はオマンコに生入れさせるのです。一人目の射精は、ジワッとオマンコの中で広がりました。そして、次に一本道の恥丘に精子がかけられました。一本道はもう止まりませんでした。「はぁ、はぁ・・もっとください・・もっと熱いザーメン・・一本道にくださいぃぃ・・いいっ!!!」恥丘にかけられた普通会員の人の精液を、一本道はVIP会員の人の精液が垂れているオマンコに塗りこみました。「すげ、エロい」とか「これはすごい(笑)」とか言われているのが聞こえましたが、一本道は指先のヌルヌルした感触に感じていました。そして、射精したVIP会員さんを掃除フェラしながらもう一人のVIP会員さんのオチンチンをオマンコに迎え入れながら思いました。『本当に気持ちいい・・・あぁ、もっと使ってほしい・・・もっと男の人の精液を体にほしい・・ほしい・・・男の人をほしい・・・』普通会員の人が正常位でセックスしている一本道の胸に出した精液を自分で胸に塗り広げながら、一本道はどんどん深みにはまっていきました。汗ばむ体の表面に熱い精液が飛び散るのを感じながら、オマンコの中がオチンチンの形に変形しているのをものすごく感じました。・・・入会に視姦されていることは、頭の中から消えていました・・・それだけ、一本道は、一本道の生ハメしている姿を見ながら目の前でオナニーする男の人のいやらしい姿と、オマンコの中に感じる他人の熱いオチンチンに感じていました。結局、一本道は精液まみれにされて何度もイカされた姿を普通会員の人に晒しました。終わったあと、一人でシャワーを浴びている時も、口の中の精子の匂いと残った味、体中のベタベタした精液の跡、そしてオマンコから漏れる精液を思い返しながら、オナニーしていました。たくさんの知らない人が、一本道で射精してくれたっていう事実が、一本道の心を犯して、一本道はその事実を思い返すだけでイケました。『オチンチン中毒・・・』って言葉が頭をよぎっていました。

エッチな4610で女子大生を3穴同時姦中出し無修正動画その2

◯◯くん以外の精子は中出しさせない、中出しさせるときは◯◯くんの許可が必要、この約束を破っていたからです。輪姦の後は、必ずばれないように匂いが消えるまでシャワーを浴びて、ビデを使って膣内まで洗いました。ボーッとする頭のまま、家に帰りました。帰ったら着ていたものはすぐに洗濯して、汚れたり、破かれた下着は捨てました。時には、下着を捨てられて下着を着けずに帰宅することもありました。一歩間違えば露出狂でした。帰りにバスやタクシーに乗ると、エッチな4610の妄想は止まりませんでした。以前やってしまったように、タクシーの運転手さんに中出しさせたいとか、バスの乗客にマワされたらとか、下着をつけてない状態で痴漢されたら絶対にセックスさせられるとか・・・。
エッチな4610は、自分の体がオモチャにされていることを隠さなくちゃならない、と思っていました。

カワサキさんとの輪姦の他にも、サークルの参加者に誘われるようになり、エッチな4610は誘われたらほぼ全員と生でセックスし、中出しさせていました。あの膣の中にジワッと感じる温かさと、射精する直前のおチンチンがドクドクしながら瞬間的に膨らむ感じとか、中出しの気持ち良さから逃げられませんでした。「やらせろよ」とか「他のやつとやってんだろ?俺にもやらせろ」と少し強めに言われると、「うん・・でも、誰にも言わないで」と言いながら、中出しセックスしていました。◯◯くんにばれないように・・・。

ある日、エッチな4610はプレイを終えてシャワーを浴びていると、サークルの男の人がシャワールームに入ってきました。「え?」と思いましたが、その人はニコニコしながらエッチな4610に近寄ってきました。「え?なんですか?」「入会さん、さっきすごいよかったよ。」「は、はぁ・・どうも・・」エッチな4610はシャワーを止めました。「でさ、入会さん・・」「はい?」「はっきり言うけどね、・・ヤらせてくんね?」「は?」「さっきはフェラだったじゃん。だから、マンコに入れさせろ、って言ってんの」ニタニタしながら男の人はエッチな4610に言いました。「・・そういうのはルール違反じゃないですか?」エッチな4610はドキドキしながらはっきりいいました。「分かってるよ(笑)。だから、二人でコッソリとさ。ね?いいじゃん?」「・・良くないですよ。」「いや、だから、よくないのは知ってる。だからこうしてコッソリ頼んでんじゃん?」その人はおチンチンを自分でしごいていました。もう勃起していました。「ほら、入会さんだってマンコに欲しくなってんだろ?」「あん・・・」男の人は私の股間に手を伸ばしてきました。「ダメです・・ね?・・ダメ・・」エッチな4610は一応抵抗しましたが、実ももう濡れていました。「あ・・ん・・」男の人は私を壁に押し付けて顔を近づけてきました。「キス、いいだろ?」そう言うと、男の人はエッチな4610にキスしてきました。「ん・・」エッチな4610はキスをさせてしまいました。そして「・・誰にも言わないで・・」とその人のおチンチンを握ってあげました。手のひらの中でドクドクしているのを感じました。「・・入れたいの?」「あぁ、入れたい」「・・言わないでね・・」エッチな4610はその人のおチンチンをオマンコに入れさせました。そして、そのまま中出しを許しました。プレイルームから見えないところで、浴室とか廊下とかトイレとかにいるときに男の人がエッチな4610に近づいてきて「ヤらせろ」と言ってきました。エッチな4610は断りませんでした。ある人がエッチな4610のことを話しているのを聞いたことがありました。「入会は、誘えば絶対に断らねーぜ。マジでヤリマン(笑)」エッチな4610は、ヤリマンと呼ばれていました。そのことにエッチな4610は興奮しました。『◯◯くんが知らないところで、エッチな4610、ヤリマンって呼ばれてる・・誰とでも生でヤらせてる・・』サークルの夜は必ず◯◯くんが来ていたので、◯◯くんが見ていないだろうところでエッチな4610は生でセックスしていました。「入会、連絡先教えろよ」「ん・・そ、それは・・ダメだよ・・」挿入されて体をトイレの壁に押し付けられながら何度もそういうことを言われましたが、私は連絡先を教えることだけはしませんでした。「ん・・このまま、このまま中で出していいから・・ね・・あん・・そういうのは教えられないの・・ね・・中で出していいから・・それで我慢して・・ね・・あんっ!」エッチな4610の膣内には、もう何人の人が精子を生で射精したのか分かりませんでした。エッチな4610のオマンコは、もう誰のものでもありませんでした。

カリビアンコムで女子大生がフェラチオとごっくん動画その2

男はそのまま腰を振り、もう一人の男は彼女の脇に立っているのが見えた。彼女はプレイルームの外で、プレイルームに他の男が残っているにも関わらず、廊下で3P立ちマンをしたのだ。どっちが誘ったのかはわからない。しかし、彼女がプレイルームの外で、プレイが終わった後にヤっているのは確実だった。『◯◯ちゃん、言われればヤらせるって言われてるぜ。』ヤマザキの言葉が頭の中で繰り返されていた。

ヤマザキさん主催のサークル、カワサキさんがいるところでの輪姦中出し、そして、Tくんと先輩との3Pも続いていました。アタシの体には、毎日のように違う人のおチンチンが入っていて、違う人の精子をごっくんしていました。アタシの体から精子の匂いがしてそうでした。一日中、男の人の体温と匂いが頭から離れず、カリビアンコムに抱かれていても、他の人のおチンチンのことが忘れられませんでした。
「口、開いてろって」「んあ・・・あ・・あうぅ・・」仰向けで足を開いているアタシのオマンコには生のおチンチンが入れられていて、両手にはそれぞれ違う人のおチンチンを握らされていました。アタシにおチンチンを握らせている人が左右からアタシの口に指を突っ込んで、口を左右に大きくひっぱって開かれました。「じゃあ、この口にみんなのザーメンを入れてもらおうな」「んあ・・・」「ほら、舌を伸ばせ」「んああ・・ああ・・」アタシは言われたとおりに舌を伸ばしました。部屋にはこの3人の他にカワサキさんを含めて8人の男の人がいました。この日もカワサキさんたちと昼間に輪姦プレイをしたあと、夕方みんなでファミレスでご飯を食べてカラオケに行き、そこでたまたま知り合った大学生のグループ8人とカワサキさんたちが意気投合して、結局はそのまま近くのビジネスホテルのダブルの部屋で、アタシをマワすことになったのでした。「この女、マジでマゾだからさ、どう?この女にみんなのザーメン、飲ませてくんね?」「この女、ソープで働いてたんだけどさ、それだけじゃチンポ足りねーんだとさ。で、俺たちがマワしてやってんの。お前らもさ、この女でザーメン出したくね?」大学生たちにカワサキさんたちはこんなことを言って誘ったんです。アタシはそれを聞いているだけで濡れていました。「入会っつーんだけどさ、マジでチンポ奴隷なんだよ。男見たら声かけて、ザーメンかけてもらうんだよ(笑)、な?入会?」「・・うん」「お前、チンポとザーメン好きだもんな?」「・・・うん」「何照れてんだよ。自分で言うんだろ?いつもみたいに言えよ」「・・アタシね・・おチンポに囲まれてたいの・・みんなの・・飲ませてくれない・・?」大学生たちは一瞬、引いたように見えました。「本当すか?」「・・うん・・」「入会、乳、見せてやれよ」アタシはジャンパースカートの前を外して、ブラをずらし、乳首を見せました。「勃起してますよ・・」大学生たちはジッとアタシの胸を見ていました。「うん・・ほら、触ってみて・・」アタシはカワサキさんたちが見ている前で、乳首を摘まませました。「・・みんなの・・飲ませてくれる?」「え・・まじ?」「うん・・・ねぇ・・お願い・・みんなの・・おチンポ、見せて・・」アタシは、見ず知らずの大学生たちを逆ナンしました。カリビアンコムやヤマザキさんの見ているところでは受け身のマゾのアタシは、二人の見ていないところではただのおチンポ好きな痴女でした。「あはは、入会、お前ついに自分からチンポとザーメンを欲しがる女になったな。しかも知らない男の(笑)まじで変態」カワサキさんの言う通りでした。アタシは誰のでもいいからオチンチンと精子を欲しがっていました。

エッチな4610で素人女子大生に口内射精の動画その2

エッチな4610はそのままの顔で部屋を出てエレベーターで下に降りてホテルを出て、すぐ隣にあるコンビニに入って、コンドームを一箱買いました。レジは若い女性だったのですが、エッチな4610と顔を合わせてくれませんでした。匂いもしただろうし、コンビニの前にはニタニタした大学生が数人エッチな4610を見ていたので、きっと危ない女だと思ったんだと思います。エッチな4610はコンドームを持って部屋に戻りました。「いやー、マジでビビった」「その格好でコンビニでゴム買うって・・まずいっしょ?」大学生たちは嬉々としていました。「じゃあ、入会、そのゴム使ってはめてもらえ。自分でお願いしろ」エッチな4610は箱からコンドームを取り出して、一人一人にゴムを手渡しながら「みなさんに使ってもらうゴムを買ってきました・・・これを使って、エッチな4610とセックスしてください」とお願いさせられました。そのあと、ベッドに仰向けになり足を開いて、一人ずつとセックスしました。「おぉ!」とか「いいっすね!」とか「うぉー、はやくやりてー!」とか大学生たちの歓声が聞こえました。「気持ちいいか?入会?」カワサキさんたちはソファーで座ったままでした。「はぁ、はあ・・気持ちいい・・あんっ!」本当に気持ちよかったんです。こんな学生とセックスするためにコンドームを買いに行かされ、自分からお願いしてセックスしてもらうなんて、その状況だけでイケそうでした。大学生8人全員がゴムに射精しました。

そのあとは、カワサキさんとその仲間が全員中出しし、大学生たちも誰が何度顔射したか分からないくらい、エッチな4610の顔は精液で汚されました。AVみたいなことをしていました。「ほら、掃除してやれって」「んぐぐぅ!!」口を開けば、おチンチンか精子が入れられ、誰の指か分かりませんでしたが、エッチな4610の顔についた精子を顔中に塗りたくられました。「ここにも入れるんだよ」「んあ!!」エッチな4610の鼻の穴に精子を指で突っ込む人がいました。「こうやって、ザーメンで呼吸困難にさせんだよ!」「んはっ!んはっ!はぁっ!はっ!!!」エッチな4610は必死に口で呼吸をしますが、苦しくて死にそうでした。目の前も頭も真っ白になっていました。「どうだ入会?逆ナンした学生さんのザーメンに溺れ死ぬ感じは?嬉しいだろ?」「んはあっ・・んはぁつ・・はぁつつ・・んああ!」エッチな4610の鼻に男の人の指が突っ込まれ、口の中にも違う人の指が突っ込まれ、エッチな4610は本当に精子で溺れそうでした。「あはは、入会って、こういうプレイが似合うよな」「入会、チンポとザーメンが大好きだからな。な?入会?」「んはぁ・・だいすきぃですぅぅ・・・すごいいぃ・・はぁ、はっ!!」「もっと欲しいだろ?」「んは!!はぁ・・ください・・もっとぉ・・はっ!!はぁ・・もっと・・」「あはは!狂ったかな?あはは!!!」エッチな4610は狂ったように精子にまみれた顔で大学生のおチンチンを口の中に入れていました。精子臭くて、若い匂いのするオチンチンを無理やりシャブらされると、異様に興奮しました。オチンチンの皮を口で剥いてあげて、舐めているととてもエッチな気分になれました。カワサキさんが大学生を帰したあとも、エッチな4610はそのホテルの中でカワサキさんたちに遊ばれました。「こっちの穴も使ってやらないと、かわいそうだからな」と4人が全員アナルに中出ししたあと、エッチな4610は解放されました。着けていたブラとパンツは大学生に持って行かれたので、エッチな4610はジャンパースカート一枚で帰らなくてはなりませんでした。外はすっかり暗く、◯◯くんが帰ってくるまではもう時間がありませんでした。シャワーを浴びたとはいえ、エッチな4610の体からは精子の匂いがしてそうで、エッチな4610はドキドキしながら帰路を急ぎました。幸い、◯◯くんよりも先に帰宅できましたが、エッチな4610はこんな危ないことを繰り返していたのでした。
彼女が私の知らないところで男達と関係を持っていることには気づいていた。それはヤマザキも知っていた。最近は、カワサキからの報告も彼女をマワしているビデオも減っていた。また、Tやその先輩との3P、4Pも回数が減っていた。彼女は「Tくんからの連絡もあんまりないんだよ」と言っていたのだが、私はTから「◯◯ちゃんにメールしても、最近返事ないぜ?どうしたんだ?」と聞いていた。『彼女は何かを隠している』私はそう感じたし、彼女の様子もどこか変わっていたような気がしていた。

東京熱tokyohotで11人連続中出し無修正動画その2

私は先に会場のホールに入っていた。ホールは本当に昔は食堂だったというだけあって広かった。真ん中にダブルベッドが2つ繋げて置いてあり、その周辺にはソファーがいくつも置いてあった。離れたテーブルには参加者の荷物やらペットボトルの飲み物などが置いてあり、私はホールの奥にある厨房らしきスペースに置かれたテーブルと椅子に座った。さっきは11人と言っていた参加者だったが、数えてみたら14人いた。年齢は30代を中心に、40代、50代までいる様子だった。サラリーマン風の奴もいれば、ガテン系の男も複数いた。『こんな数の男たちが、彼女を使うのか‥』私は妙に興奮していた。

ガチャとドアが開き、ヤマザキが入ってきた。その後ろには白いバスローブを着た彼女が立っていた。「じゃあ、これから始めるけど、ルールはさっき話した通りで。60分の時間制限、時間内なら一人何回射精してもよし。みんな、出したいとこのチケット買ってもらっただろ?それをスタッフに渡してから60分スタートね。一応、マンコでもアナルでも口でも買ったチケット通りにどこに出してもいい。1枚のチケットでも射精無制限だけど、マンコ、アナル、口と3枚組でチケット買ってもらった奴は、マジでフリーだから(笑)。思う存分、自分の女だと思ってヤッテくれ。多少の乱暴な行為には目を瞑るけど、明らかに暴力と判断した場合は、このプレイ自体が中止。原因を作ったやつにはペナルティだ。いいな?」ヤマザキは一通りの説明をした。「ヤマさんのペナルティって・・生きて帰れねーじゃん(笑)」参加者がそういうのが聞こえた。「今夜の女、尚美。知ってる奴もいるよな?」ヤマザキが彼女を軽く紹介した。「やっぱり尚ちゃん!」「おれも尚美じゃねーかな、って思ったんだよな。」参加者たちはすでに見当をつけていたようだった。「3穴使えて、ハードプレイにも耐えられるのは、尚ちゃんか美咲ちゃんか、ユリちゃんくらいしかいねーもんな(笑)」参加者は全員が会員なので、やはりサークルに参加する女性については詳しいようだった。「尚美、挨拶」「はい・・」彼女は一歩前に出た。「尚美です。今夜は、東京熱tokyohotの体にたくさん出してください・・よろしくお願いします。」少し声が震えているようだった。「じゃあ、さっそくいいんだろ?」参加者の一人がズカズカと前に出てきた。すでに上半身は裸だった。「あぁ、チケット出してくれ。そしたら、いつでもいいぜ」「俺が火蓋を切ってやるぜ(笑)」

一本道で電マバイブ責めのあと3穴同時中出し無修正動画その2

ちょっとヒリヒリしました。「お、マンコからザーメン漏れてるぜ。もったいないから、これも使おう」オマンコから垂れる精液を指で掬って、その人は一本道のアナルに塗りたくって「よし、じゃあ俺がアナルに入れとくから、マンコは自由に使ってくれ。」といい、そのまま一本道のアナルはオチンチンがズズッ・・ズズっと入れられました。「んんっつっーーーー!!!奥、奥ぅ・・だめぇ‥苦しいいぃよぉぉ‥んあああ!!!だめですウゥ!!!うっぅぅ!!!」「根元まで入れてやる!!」「いやあ!!!痛イィィ!!奥は痛いぃぃ!!!ああうあう!!!「慣れるって、いつもみたいにな(笑)」「いいっぃ!!」一本道のアナルに入れた人は、そのまま一本道を後ろから抱きながら仰向けになりました。そして、一本道の内腿をつかんで足を左右に開かせてました。「どうだ!見えるだろ!アナルにズッポリ入ってんだろ??マンコもパックリだ!」「おぉ、ケツにガッツリ入ってる!」「結構、深く突き刺さってんじゃん、さすが尚美のアナル!」「ほら、尚美、自分でお願いするんだよ!『サービスしますから、みんなでマンコ中出ししてください』ってな!」グイッとさらに一本道は足を開かれました。「あうあう・・サ、サービズしますから・・・みんなのザーメン・・中、中に・・出して・・ああうう!!」誰かがオマンコにオチンチンを入れてきました。「よし!2穴制覇!!おぉ、中で硬いのが当たるぜ・・」「はうあぅ・・はうう‥」オマンコとアナルの同時姦は、下っ腹がとてもきつく苦しく感じます。「口が開いてるな。3穴行こうぜ!」「んは・・待って‥苦しい‥ちょ、ちょっと‥あ・・ああう!!んうっ!!」上を向いている一本道の口に誰かがオチンチンを押し込んできました。「よっしゃ!!!3穴!!」髪の毛を掴まれ、一本道はフェラする人の陰毛に顔を押し付けられました。目から涙が出てきました。「んうっぅう!!!」ただ苦しいだけでした。一本道は仰向けでアナルに入れられ、オマンコにも入れられ、さらにフェラチオさせられていました。右の胸を揉まれ、左の乳首は吸われて、右手にも左手にもオチンチンを握らされていました。「さすが尚美、5人同時に相手してるぜ!!」「サービス精神が旺盛な女!っていうか、性欲旺盛なんだな!」「そのままにしてろよ、フェラしてる尚美の顔にぶっかけてやる!!」言葉通りにフェラする一本道の顔にオチンチンが当たったと思ったら、ドピュッと熱い精液が頬と鼻にかかりました。「こっちもだ!!」連続で精液が飛んできました。

カリビアンコムでマンコに連続中出し無修正動画その2

誰かがカリビアンコムの頭を鷲掴みにして「喉の奥でチンポを感じるだよ!!」とカリビアンコムの頭をオチンチンに押し付けまくりました。カリビアンコムの意識が遠くなってく気がしていました。でも、同時に全身に男の人の手が這い回ってるのを感じると、無性に気持ち良くなってきました。オマンコもアナルも熱くて、中に入っているオチンチンの熱さ、太さ、固さをすごく感じました。手に握らされているオチンチンのドクドクした感じ、口の中のオチンチンのビクビク、鼻に残る精液の匂いと男の人の陰毛の匂いがとても気持ち良く感じました。「入会!お前、チケットの値段知ってる?」「んは・・はぁ、はぁ・・」「あはは、知らねーか?口が0.5、マンコ中出しが1.5、アナル中出しが2.5だぜ!知ってた?」「んは‥あんぅ!ああふふぅっ・・」カリビアンコムの穴に値段が付けられていました。カリビアンコムの穴は、お金で買えたんと思うと、もう自分が何をされてもいいんだ、と思えました。「んはあぁ!!・・はぁ、はぁ・・ああぁ‥・あ、だめぇ・・だめぇ・・すごい・・すごいぃぃ・・きもぢいい・・すごい、いいよぉぉ‥」カリビアンコムは思わず言葉にしていました。口からヨダレを垂らしながら、オチンチンにしゃぶりつきました。「あはうぅ・・おチンポ‥すごぃぃ・・んはうぅ!!!」口の周りをべちょべちょにしながら、なんとかオチンチンを口の中に入れようとしました。本当にしゃぶりたくなっていました。「あはは、入会が狂ったな!!!」「おい、残り20分だぜ!出してないやつ、とにかく出しちゃえ!な?入会、もっと欲しいだろ??」「んはああ!!はぁあ!!もっとぉ・・出していいよ・・だめぇ‥だめぇ‥すごいぃ‥きもぢいいからぁ‥もっともっと‥んああ!!!お尻‥壊れるぅ‥いいぃ!!!いいぃ!!!!オマンコ、さいこぅぅ!!!うぅぅ!!!ああうあう!!!あああ!!!出してぇ!!このまま出してエェええ!!!!」カリビアンコムは自分から求めました。「カリビアンコムの穴に出してぇえ!!!んぐごっぉ!!!」喉に直接、精液がぶっかけられた感じがしました。「オマンコ、すごいぃいい!!!!」膣の一番奥に亀頭がめり込みながら射精された感じがしました。「ああふあう!!!アナルぅ、壊れるぅる!!!だめえぇええ!!」お尻の奥にオチンチンの固さを感じながら精子が広がってく感じがしました。「はうあうあう!!!!いいぃぃ!!!おチンポ、いいぃぃ!!!なかだしぃ、、、きもちいいいよぉぉ!!!あうあうあ!!!ああーーー!!」アナルに射精されると次のオチンチンが挿入され続け、オマンコに射精されると次の人に跨らされて自分でオチンチンをオマンコに導きました。口にしゃぶらされながら顔にぶっかけられて、胸をギュゥつつと握られながら、お尻をベチンベチンと強く何度も叩かれました。「まだ出してないやついんじゃねーの?早く出しちゃえよ!」「入会の顔、まだぶっかけてないやつ、かけちゃえよ!」「口の中のザーメンは、飲み込むんだよ!」「アナル、まだ壊れてないぜ!生でアナルに出せるなんてそうそうないぜ、やりたいやつ入れちゃえよ!!」「マンコん中、ザーメン、もう入らねーって!溢れてるって!」

東京熱tokyohotでマンコとアナル2穴中出し無修正動画その2

男の人がおチンチンを洗っている姿って、これもイヤらしく見えました。「ボディシャンプーある?」「これ」「・・あ、いいです・・自分でやるから‥あ、ん・・」「いいから、いいから。俺たちが洗ってやるよ」男の人たちが立っている凌辱の体にボディソープをつけて洗い始めました。胸、首筋、お腹、太もも、お尻・・みんなが凌辱の体を撫で回しました。「ん・・大丈夫ですから・・ん、自分でできますからっ・・ん」「まぁ、まぁ、いいからさ(笑)」凌辱の前後に男の人が凌辱を挟むように立ち、体を押し付けてきました。「男のボディ洗いもいいもんだろ?」「あん・・」男の人が凌辱の体の前と後ろに体を押し付けて上下に動くと、凌辱の体が反応してしまいました。恥丘とお腹、お尻と腰のあたりに固くなったオチンチンが当たっていました。「チンポ洗い、いいだろ?(笑)」「俺もチンポで東京熱tokyohotの体を洗ってやるよ(笑)」オチンチンが凌辱の体に押し付けられていました。ボディソープでヌルヌルしてて、オチンチンがグリグリと凌辱の体を擦っていて、固いオチンチンが熱くて‥いやらしい気分にならないわけはありませんでした。「ん・・あ・・あん・・」思わず腰がくねってしまい、声も漏らしてしまいました。「あはは、東京熱tokyohot、感じてる?」「チンポも起ってきたじゃん?」「ん・・」凌辱は体に擦られる亀頭が固く膨らんでいるのに目が釘付けでした。「足開け」「え・・あん!」凌辱の股の間に正面からオチンチンが差し込まれました。「あん!・・だめぇ‥」立ったまま逆素股されました。内股にオチンチンが挟まっていて、凌辱はその固さとヌルヌルがクリを掠めると気持ち良くなってきました。誰かが後ろから凌辱の腰をガッツリ抑えていました。男の人の手で腰を掴まれると、いやらしい気分が盛り上げってきました。「え‥そっち‥だめ‥」お尻の割れ目にオチンチンが擦られていました。「あん‥だめだって・・んーー‥」「東京熱tokyohot、感じてるんだろ?」「乳首、すげー勃起してる」後ろから胸を鷲掴みに揉まれました。下から持ち上げるように乳房を揉まれ、指先で乳首をコリコリされました。「あん!」後ろから首筋にキスをされました。「いいだろ?東京熱tokyohot?思い出せよ、さっきの連続中出し‥気持ちよかったろ?」耳元で囁きが聞こえました。「ん‥だめ・・だってば‥」だんだんと男の人の手が凌辱を愛撫するようになってきました。お尻に割れ目にそって指を這わせてきました。「アナルからザーメン出てるぜ」「マンコ、べっとべとだな」「ん・・だめ・・」お尻もオマンコもヒリヒリしていましたが、男の人たちの手は容赦なく凌辱を撫で回しました。誰かが凌辱の顔を洗ってくれて「ほら、うがいしろ」とペットボトルの水をくれました。凌辱はそれで口をゆすぎました。「じゃあ、口の中も綺麗にしてやるから、舌だせ」そういうと男の人は凌辱の舌を指で引っ張り出して、凌辱の舌を吸いました。「んあ・・」同時に、ニュルッとオマンコに指が入れられました。オマンコはザーメンとオマンコ汁とシャワーで何の抵抗もなく指を受け入れていました。「指、2本でユルユルだぜ?マンコの中、ザーメンが残ってんじゃんか」オマンコの中で指が動いていました。「もう1本追加(笑)」3本目の指もすんなり入ってきました。

一本道で乱交輪姦7連続中出し無修正動画その2

彼女は二人の男に連れられてシャワーから戻ってきた。白いガウンを着ていたが、顔は紅潮したままで、やはりヤマザキの言う通りシャワーでセックスしてきたことはすぐにわかった。男達はニタニタしながら「じゃ、尚美、またな(笑)」と彼女をヤマザキに渡した。すると、一人が彼女を振り向かせて腰に手を回して彼女にキスをした。「あ‥ん・・」彼女は抵抗せずにキスを受け入れた。二人は口を開いて舌を絡めていた。「ん・・ん」「おいおい、別料金だぜ、それ(笑)」ヤマザキが笑っていた。「あはは、冗談だよ。な?尚美?(笑)」「‥」彼女は何も言わなかった。「じゃ、ヤマさん!尚美、またな!」二人が出て行ったあと、ヤマザキが言った。「入会、お疲れ(笑)。どうだった?」「ん・・どうって・・」彼女は何を言っていいのかわからないようすだったが、その顔は未だに紅潮しており、決して悪い感じでなかったことを表していた。彼女はこの間、一切、私のことを見なかった。私は一人で孤立したような感じを受けた。「座ったら?」そういうのが精一杯だった。「う、うん・・」彼女はそこにあったソファーに腰掛けて、ヤマザキの差し出したペットボトルの水を口にした。「少し休んだら、帰ろう。」「うん」少し落ち着いた様子だった。しかし、彼女の心ここにあらず、のような表情は変わらなかった。しばらく休んだあと、彼女は服を着て、私と一緒に車に戻った。家に向かう車中、私と彼女はほとんど何も話さなかった。何を言えばいいのかわからなかった。そして、私の頭の中にはヤマザキの言葉「入会と別れろ」が反芻していた。

アタシは翌々日の昼間、ヤマザキさんに呼びだされてファミレスにいました。そして、ヤマザキさんが私に言いました。「入会、お前、一本道と別れろ。」「?」「別れて、俺んとこに来い。俺がリアルマンコ奴隷として飼ってやる。そのために、一本道と別れろ」突然のことにアタシはびっくりしました。「カワサキたちと輪姦してるのは知ってる。元職場の同僚ともやってんだろ?一本道は、もう入会と付き合ってられなくなるぜ?」ヤマザキさんは矢継ぎ早に言葉を続けました。「一本道じゃ、今の環境を提供できないぜ?結局、一本道は自分の手を汚してないだろ?俺やカワサキに入会をマワさせる環境を求めてる。一本道じゃ入会を満たせないんだ。わかるだろ?入会は、複数の男が必要な女なんだよ。入会の理性じゃない、マンコが求めてるんだ、複数の他人のチンポとザーメンを。気づいてるだろ?」そうかも、って思ってしまいました。アタシはそれくらい男の人に抱かれることを妄想していました。おチンポ漬け、精液漬けにされるアタシの体を妄想していました。「なぁ、入会」「・・・」「俺、入会をそばに置いておきたいんだよ。わかるだろ?俺だって男だ・・入会に何の感情もないわけじゃないのは、わかってるだろ?」「・・・」「俺は一本道とは違う。この前の輪姦のとき、一本道は嫉妬したんだ。嫉妬は本人の心の中の問題だ。だが、一本道はその感情を入会にあててくるぞ・・嫉妬は人をダメにする。一本道が悪いわけじゃない。一本道は、普通な男だってだけだ。だけど、俺は違う。入会のやりたい欲求を永遠に満たしてやる。一本道ができないことを提供してやれる。それは、俺が入会を大切に思ってるからだ・・入会、俺の女になれよ。な?俺には入会が必要なんだ。」ヤマザキさんがアタシを口説いているんだと思いました。「急にそんなこと言われても・・」アタシは混乱しました。でも、アタシはそこできっぱりと断れませんでした。

エッチな4610で素人に中出し無修正動画その2

エッチな4610の脚を左右に開きながら入会さんがオマンコをジロジロと見ているのがわかりました。「クリ、崩れてないな、いい形のままだ・・少し伸びたか・・色も黒ずんでるな・・俺と離れてから何本のチンポを入れられてきたんだ?あ?・・入り口が広くなってる・・もう開き切ってるじゃないか・・漏らしているみたいに濡れてる・・こんなに使い込まれたマンコになったんだな・・」その卑猥なエッチな4610のオマンコを責めるような言葉が突き刺さっていました。「ん・・う・・」入会さんの指がエッチな4610のオマンコ、内股近辺を這いまわり、時々クリをぺろっと舐めるんです。クリの皮を指先でめくって、その中の芯を舌先でチロチロと刺激して・・「あんっ!!!」前歯を立ててカリッとクリを挟んでくるイヤラシイ動き・・エッチな4610のオマンコはぐっちょりでした。「は・・はあ・・あ・・」ピチャピチャ・・と卑猥な音がしました。入会さんの指が触れるたびに粘着性の汁がオマンコから溢れることを感じさせられました。オマンコ汁がお尻の割れ目まで垂れていました。「ああうぅ!」入会さんがオマンコに指を入れました。いきなり2本の指をエッチな4610のオマンコは吸い込みました。「中、広がったんじゃないか・・相変わらずここは感じるか・・中、すこし荒れてるな・・このヌルヌルしたのはさっきのザーメンか・・」「あう・・はぅ・・」体が仰け反ります。オマンコの中を入会さんの指が何かを探すように動き回り、同時にエッチな4610のクリには舌独特の感触とそれが這い回る感じがありました。「ひう・・」膣の中を入会さんの指先がなぞりながら動き回っていました。内側を押し、擦り、また押して・・の繰り返しでした。『あぁ・・イキそう・・』手マンでイキそうでした。クリでイキそうでした。太ももを撫でる手でイキそうでした。何をされてもイキそうでした。「あ・・だめ・・あ・・あっ・・」エッチな4610のオマンコは我慢できませんでした。「はあうあう・・ぅぅ・・はめれすぅ・・ああぅぅ!!」イッタと同時にオマンコからサラサラした液体を噴きました。ガクガクッと腰が動きました。「いいぞ、教えたとおりに感じればいい・・何度もイッテみせろ・・何度でも噴け・・ほら、ここがいいんだろ?こう動かすのが好きだろ?」「あっ・そこ・・あ・・だめ・・ああ・・あうんぅ!」入会さんはエッチな4610の体を知り尽くしていました。エッチな4610の体の敏感なところ、刺激していいところを知っていました。「はうあう・・ぅう・・」エッチな4610の口に突っ込まれた入会さんの指はオマンコ汁の味がしました。「美味いだろ?綺麗に舐めろよ」「う・・うぅ・はひ・・」もうエッチな4610はあの頃のエッチな4610でした。入会さんに調教にかし出されて時のエッチな4610・・公衆便所、性奴隷、ザーメンマンコにされていたあの頃のエッチな4610になっていました。「はぁ・・おひいいれす・・」エッチな4610は入会さんの手を両手で握って自分の口に入れていました。エッチな4610の体が入会さんの攻めを覚えていたんです。入会さんの指の形、動き、その全てを覚えていて、無意識に反応しまくっていました。意識しても抑えられない気持ち良さが次々とエッチな4610の体を貫きました。『あああ・・気持ちいい・・気持ちいい・・』エッチな4610の心があの頃のエッチな4610になりたがっていたんです。